ウチダの帰脾湯の効能・用量・副作用など

ウチダの帰脾湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 帰脾湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの帰脾湯の特徴

ウチダの帰脾湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの帰脾湯の効能効果

平素胃腸の弱い虚弱体質のものが身心過労の結果,種々の出血を起こして貧血をきたしたり,健忘,不眠,精神不安,心悸亢進などを起こしたもの:腸出血・子宮出血・血尿などによる貧血・衰弱,健忘症,不眠症,神経性心悸亢進症,月経不順

ウチダの帰脾湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの帰脾湯の成分分量

1袋中
オウギ 2g
トウキ 2g
ニンジン 3g
ビャクジュツ 3g
ブクリョウ 3g
サンソウニン 3g
リュウガンニク 3g
カンゾウ 1g
ショウキョウ 1g
モッコウ 1g
オンジ 1.5g
タイソウ 1.5g
(添加物)
無し

ウチダの帰脾湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの帰脾湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの帰脾湯が気になる人向けのコラム

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む

パニック障害、13の症状でセルフチェック-動悸・発汗・胸痛など

特別な理由も何の前触れもなく、突然激しい動悸(どうき)や息苦しさに襲われ、死ぬかと思うような恐怖を感じる……。そんな症状をくり返すなら、それはパニック障害(パニック症)かも知れません。
車にひかれそうになった、高いところから落ちそうに... 続きを読む

成人になってからでも発症するぜんそく-治療法や気をつけること

ぜんそくの発作は薬の吸入などで治まり、発作が治まると何事もなかったようにケロっとして、健康な人と変わらない生活を送ることができます。しかし、気道の炎症は静かに続いています。
前回述べたように、ぜんそくは、気道が慢性的な炎症によって狭く... 続きを読む