ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の効能・用量・副作用など

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の基本情報

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆風解毒散(湯)
形状 散剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の特徴

駆風解毒湯は,数ある漢方処方のうちでも代表的なものの一つで,のどがはれて痛む扁桃炎や扁桃周囲炎に効果がある漢方薬です.
ニットー駆風解毒湯エキス顆粒は駆風解毒湯をエキス化し,顆粒としたものでのみやすく,有効成分が直接のどに作用するように水または温湯に溶かし,少量を口に含み,うがいをしながら少しずつゆっくり服用するのが特長です.

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の効能効果

体力に関わらず使用でき,のどがはれて痛むものの次の諸症:扁桃炎,扁桃周囲炎

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の用法用量

次の量を食前又は食間に,1包につきコップ約半量の水又は温湯に溶かし,熱ければ冷ましてうがいしながら少しずつゆっくり服用してください
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
7才以上15才未満:2/3包:3回
4才以上7才未満:1/2包:3回
2才以上4才未満:1/3包:3回
2才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください
(2)本剤は熱ければ冷ましてうがいしながら少しずつゆっくり服用してください
(3)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の成分分量

1包(4.0g)中
駆風解毒湯エキス 1.7g (ボウフウ・キキョウ・ゴボウシ各1.0g,レンギョウ1.7g,キョウカツ・ケイガイ・カンゾウ各0.5g,セッコウ3.3g)
(添加物)
D-マンニトール,l-メントール,香料

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)高齢者
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(7)次の症状のある人
むくみ
(8)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります.その場合は直ちに医師の診療を受けてください
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください
(5)使用期限をすぎた製品は服用しないでください

ニットー駆風解毒湯エキス顆粒が気になる人向けのコラム

冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き

寒くて乾燥する冬は、冷え性の人にとってはつらい季節ですね。風邪やインフルエンザも流行してきています。今回は、冷え性と風邪に効くツボマッサージを紹介しましょう。
東洋医学では人間を一つの小宇宙として捉え、体の不調や病気を宇宙(環境・自然... 続きを読む

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

風邪?発熱?速攻で体調を回復させる方法4選!

ツボ押しで体調回復!


風邪をひく原因は、寒さと乾燥でウイルスが活発に活動する環境となって、体の疲れや冷えで体調を崩しウイルスに対する免疫力が低下するためです。まずは、体を温めて体の抵抗力を高めましょう。風邪を引いたときには、首周... 続きを読む

増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。
また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態... 続きを読む

ローズヒップティーは栄養素が豊富

ローズヒップティー
ローズヒップティーは女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれていて、ダイエット中の人には特にうれしい効果が盛りだくさんです。
ダイエット中に体調を崩したり、風を引きやすくなったという人は多いのではないでしょうか。これは体か... 続きを読む