駆風解毒散エキス〔細粒〕79の効能・用量・副作用など

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆風解毒散(湯)
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の特徴

本方は、「万病回春」の咽喉門に収載されています。原方は散でしたが、今では湯で用いられています。のどが腫れて痛むときは、口に含んでうがいをする要領でゆっくりのむのがよいとされています。

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の効能効果

体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛むものの次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯で、少しずつゆっくり服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
大人(15才以上):1包:2.0g:3回
15才未満7才以上:2/3包:1.3g:3回
7才未満4才以上:1/2包:1.0g:3回
4才未満2才以上:1/3包:0.7g:3回
2才未満:1/4包:0.5g以下:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤はうがいしながら少しずつゆっくり服用してください。
(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(4)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の成分分量

本品3包(6.0g)又は6.0gは
駆風解毒散水製エキス 4.5g(乾燥物換算で約2.25gに相当) (ボウフウ・ゴボウシ・キキョウ各2.0g、レンギョウ・セッコウ各3.33g、ケイガイ・キョウカツ・カンゾウ各1.0g)
(添加物)
メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、乳糖、トウモロコシデンプン、香料

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)高齢者
(6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(7)次の症状のある人
むくみ
(8)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

駆風解毒散エキス〔細粒〕79の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

駆風解毒散エキス〔細粒〕79が気になる人向けのコラム

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

診察室での問診、症状を上手に伝えるコツ-医師が聞きたい4つのこと

問診で医師が聞きたいことを知っておくと診療時間が有効に。「医療面接」とも呼ばれる問診は、ポイントを絞って伝えることが大切。メモをしておくなど事前の準備もしておくと良いでしょう。 問診は医師と患者との大切なコミュニケーション 診察室での医師... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む

歯周病を予防する歯磨きの仕方-歯垢を確実に落とす方法とは

6月4日から6月10日は「歯の衛生週間」。歯周病は、歯を失う大きな原因となるだけでなく、全身に影響を及ぼす“口のなかの生活習慣病”。日本では中高年の80%以上がかかり、その危険性は20代から高まっていると言われています。歯周病は症状がかな... 続きを読む