てんぐ桂枝茯苓丸の効能・用量・副作用など

てんぐ桂枝茯苓丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 桂枝茯苓丸
形状 錠剤
製造販売会社 二反田薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

てんぐ桂枝茯苓丸の特徴

てんぐ桂枝茯苓丸は,漢方処方の桂枝茯苓丸の配合比率にしたがって5種の生薬末を合わせ,結合剤(ハチミツ,デンプン)を加えて飲みやすい丸薬としたものです。桂枝茯苓丸は,血の道症の代表的な漢方処方で,いわゆる冷えのぼせタイプの方に用いられます。また,打ち身に効く漢方としても知られています。

てんぐ桂枝茯苓丸の効能効果

(一般用の場合)比較的体力があり,ときに下腹部痛,肩こり,頭重,めまい,のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順,月経異常,月経痛,更年期障害,血の道症,肩こり,めまい,頭重,打ち身(打撲症),しもやけ,しみ,湿疹・皮膚炎,にきび
(配置用の場合)月経不順、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、頭重又はめまい

てんぐ桂枝茯苓丸の用法用量

次の1回量を1日3回,白湯又は常水にて通常食間に服用して下さい。
■食間とは…食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):20丸
15歳未満:服用しないこと。
(用法関連注意)

てんぐ桂枝茯苓丸の成分分量

60丸(6.8g)中
ケイヒ末 1.2g
シャクヤク末 1.2g
トウニン末 1.2g
ボタンピ末 1.2g
ブクリョウ末 1.2g
(添加物)
ハチミツ,コメデンプン,セラック

てんぐ桂枝茯苓丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

てんぐ桂枝茯苓丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)

てんぐ桂枝茯苓丸が気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

お風呂を攻略すれば素肌美人になれる! 入浴剤は買わないで作る

一日の終わりに、ホッとくつろぐバスタイム。このリラックスした時間をさらに充実したものにしてみませんか?
ひと手間かけるだけでいつものお湯が、美容と健康にいいお湯に変身!
市販の入浴剤を使用するのもいいですが、自宅にある材料を自分の好みに合... 続きを読む

緑茶はちみつで腸を綺麗にして痩せる

緑茶ハチミツ
緑茶とはちみつはどちらもダイエット効果が知られていますが、緑茶ハチミツダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。緑茶の抗酸化成分が、腸の細胞につくサビをつきにくくしてくれ、腸の動きを活性化してく... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む