ウチダの香蘇散料の効能・用量・副作用など

ウチダの香蘇散料の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 香蘇散
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 香蘇散   

ウチダの香蘇散料の特徴

ウチダの香蘇散料は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎剤で,特異な芳香があります。

ウチダの香蘇散料の効能効果

神経質で気分がふさぎ,みぞおちがつかえ,倦怠感,食欲不振などがあるもので,肩こり,頭重,頭痛,めまい,耳鳴り,腹痛,悪心などを伴うもの:胃腸の弱い人の感冒,気鬱,じんましん,月経困難症。
*「気鬱(きうつ)」とは気のうっけつを指します.

ウチダの香蘇散料の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの香蘇散料の成分分量

1袋中
コウブシ 4g
ソヨウ 1g
カンゾウ 1g
チンピ 2.5g
ショウキョウ 1g
(添加物)
無し

ウチダの香蘇散料の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
短期間の服用にとどめ,連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合

ウチダの香蘇散料の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの香蘇散料に効果効能が似た薬

ウチダの香蘇散料が気になる人向けのコラム

気分をリフレッシュしながら散歩ダイエット

散歩
日ごろ私たちはなかなか自分の足を使って歩く機会がありません。車や電車、それ以外にもさまざまな交通機関を利用して移動をしています。摂取しているカロリーの割には消費しているカロリーが少なく、その分が体重増加として現れてきます。そうした... 続きを読む

香酢ダイエットで脂質と糖質を燃焼させる!

香酢
ダイエットには様々な食品が用いられますが、大切な事は脂肪の燃焼と糖質の燃焼を促進させる事だと言われています。

今回ご紹介する「香酢ダイエット」は、脂質や糖質の燃焼を促進させるクエン酸と脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるBC... 続きを読む

こころの健康に必要なこと-こころが発するメッセージを受け止めて

新年が明けて早1ヶ月。時間の経つのは早いものですね。めまぐるしい日々の生活を乗り切るために、皆さんも健康には気を使われているのではないでしょうか。 ジムで体を鍛えたり、栄養のあるものを食べたり、時にはゆっくりと休息したり、それぞれの健康法が... 続きを読む

セルフチェックのすすめ-自分のからだを健康に保つためのポイント

家に帰ってドアを開けた瞬間や、お風呂に入って、ふーっとため息をついた瞬間に、どっと疲れが出てきて、「あ、自分はこんなに疲れていたのか」と気づくことはありませんか。日々の生活で、ストレスは知らず知らずに溜まっていくもの。日々のストレスは、その... 続きを読む

気分が上がる砂糖なしダイエット方法

気分が上がる砂糖なし
気分が上がる砂糖なしダイエットとは、その名の通り砂糖を抜きにするダイエット方法です。と言っても、全ての食事から砂糖抜きにするのは不可能なので、まず普段飲んでいるコーヒーや紅茶等の飲み物に砂糖を入れないようにするとこ... 続きを読む