JPS漢方顆粒-14号の効能・用量・副作用など

JPS漢方顆粒-14号の基本情報

JPS漢方顆粒-14号

JPS漢方顆粒-14号

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 五苓散
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
販売会社 宇津救命丸
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 五苓散   

JPS漢方顆粒-14号の特徴

五苓散はのどが渇いて尿の量が少ない方の急性胃腸炎、水様性の下痢、頭痛、むくみなどに効果があります。余分な水分を尿として体外へ排出し、水分の代謝を調整する働きがあります。
本剤は漢方処方である五苓散の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい顆粒剤としました。

JPS漢方顆粒-14号の効能効果

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔

JPS漢方顆粒-14号の用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
7才以上15才未満:2/3包:3回
4才以上7才未満:1/2包:3回
2才以上4才未満:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。
(3)食間とは食後2?3時間を指します。

JPS漢方顆粒-14号の成分分量

3包(6g)中
五苓散料乾燥エキス 1.92g (タクシャ4.8g、チョレイ・ブクリョウ・ソウジュツ各3.6g、ケイヒ2.4g)
(添加物)
ショ糖脂肪酸エステル,ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

JPS漢方顆粒-14号の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1ヵ月位(急性胃腸炎、二日酔に服用する場合には5?6回、水様性下痢、暑気あたりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS漢方顆粒-14号の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤は吸湿しやすいので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと顆粒が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS漢方顆粒-14号が気になる人向けのコラム

一度空気に触れたらキケン!ペットボトルの水はその日のうちに飲みきること

イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先ではペットボトルの水を買うこともありますよね。特に夏場は熱中症対策のためにも、ペットボトルを携帯してこまめに水分補給することが大切です。 しかし、外出先で飲みきれなかった水の... 続きを読む

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

美肌やデトックスのために水は1日1.5ℓ必要 水の種類が美容を左右する?

美容・健康にも不可欠な水は選び方が大切です。1日1.5リットルは飲み物として摂ることが必要な水はからだへの影響が大きいです。水を選ぶ際のポイントなどをご紹介します。 老化とは水を失って枯れること 食事を摂らなくても数週間は生きられますが... 続きを読む