酸棗仁湯の効能・用量・副作用など

酸棗仁湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 酸棗仁湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 酸棗仁湯   

酸棗仁湯の特徴

本剤は,漢方の古典「金匱要略」に収載されている酸棗仁湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

酸棗仁湯の効能効果

心身が疲れ弱って眠れないもの

酸棗仁湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ,紙袋とともに煎じかすを取り去り,食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3回?2回に分けて
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

酸棗仁湯の成分分量

1包(19.5g)中
チモ 3g
センキュウ 3g
ブクリョウ 5g
カンゾウ 1g
サンソウニン 7.5g
(添加物)
なし

酸棗仁湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)下痢又は下痢傾向のある人。
(5)高齢者。
(6)次の症状のある人。:むくみ
(7)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止しこの文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

酸棗仁湯の保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用すること。

酸棗仁湯が気になる人向けのコラム

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠5ヵ月・心身ともに安定し、前向きな気分です!

マタニティライフも5ヵ月、待ちに待った安定期に突入しました!
一般的にはつらいつわりも終わり、体調が安定してくる時期。妊娠してから疲れやすく休日は寝倒していた私も、友達に会ったり、ショッピングセンターに行く元気が出てきました! おなか... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

「色」が人の心に影響する理由-カラーパワーでストレス対策を

新緑のまぶしい季節になりました。木々の緑を見ていると、心身が安らぐ感じがします。森の中なら樹木の香り「フィトンチッド」の効果がありますが、それだけではなく、色がもたらす効果もたいへん大きいものがあります。
色が人の心理に作用することは... 続きを読む

なかなか寝付けない夜の対処法-快眠するためのポイント3つ

いま「眠れない人」が増えています。眠れない人に共通しているのは、残業などで帰宅時間が遅く、眠る時間が不規則だったり、仕事や生活で強いストレスを感じているなど、社会的な影響が強いことが特徴です。さらに眠れないことを気にしているとかえって緊張... 続きを読む

ストレス溜まっていませんか? こんな症状があったら要注意

新年度になって、早くも4カ月近くが経過しました。就職、転職、人事異動、昇進・昇格、転勤など、それまでの役割や仕事内容などが変わったり、職場の人間関係が変わったりなど、働く環境に変化があった人も少なくないでしょう。
新しい環境にすんなりな... 続きを読む