起生(エキス顆粒)の効能・用量・副作用など

起生(エキス顆粒)の基本情報

起生(エキス顆粒)

起生(エキス顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 滋陰至宝湯
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 滋陰至宝湯   

起生(エキス顆粒)の効能効果

体力虚弱なものの次の諸症:慢性のせき,たん,気管支炎

起生(エキス顆粒)の用法用量

食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包(2g):3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:成人の1/4量以下:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

起生(エキス顆粒)の成分分量

3包(1包2.0g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)1.3g (トウキ・シャクヤク・ビャクジュツ・ブクリョウ・チンピ・チモ・コウブシ・バクモンドウ・ジコッピ・バイモ各1.0g,サイコ・ハッカ・カンゾウ各0.5g)
(添加物)
乳糖,バレイショデンプン

起生(エキス顆粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

起生(エキス顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

起生(エキス顆粒)が気になる人向けのコラム

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

病気と上手く付き合という考え方-慢性疾患の人の自己管理とは

病気には、大きく分けると2つの種類があります。1つは、風邪や捻挫(ねんざ)など比較的短期間に治るもので「急性疾患」と呼ばれます。もう1つは、糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病や、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病など、完... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む