ニッポー紫雲膏坐薬の効能・用量・副作用など

ニッポー紫雲膏坐薬の基本情報

ニッポー紫雲膏坐薬

ニッポー紫雲膏坐薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 紫雲膏
形状 挿入剤
製造販売会社 興亜製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ニッポー紫雲膏坐薬の特徴

痔は,肛門部静脈の血行障害によって生じる痔核(いぼ痔)と硬い便の排出によって起こる肛門裂傷が大部分であります。
いずれの場合も,肛門部の痛み,出血,はれ,かゆみなどの症状があらわれます。
ニッポー紫雲膏坐薬は漢方の軟膏として消炎,鎮痛,肉芽形成作用にすぐれた「紫雲膏」に,坐薬基剤を加え坐剤成型したものです。
「紫雲膏」の治療効果を痔疾治療に生かした「漢方の坐薬」として,痔疾の多くを占める肛門裂傷,痔核による疼痛の症状に治療効果を上げます。

ニッポー紫雲膏坐薬の効能効果

肛門裂傷,痔核による疼痛

ニッポー紫雲膏坐薬の用法用量

次の量を,太い方から肛門内に挿入してください。
[年齢:1回量:1日使用回数]
成人(15歳以上):1個:3回
15歳未満:使用しないこと
※排便後,入浴後,就寝前の使用が効果的です。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を厳守してください。
(2)小児には使用させないでください。
(3)本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用してください。
また,硬すぎる場合には,軟らかくなった後に使用してください。
(4)本剤は肛門にのみ使用し,内服しないでください。

ニッポー紫雲膏坐薬の成分分量

1個(2.0g)中
紫雲膏 0.3g (シコン0.0203g,トウキ0.0121g,ゴマ油0.2027g,豚脂0.0041g,ミツロウ0.0608g)
(添加物)
ハードファット

ニッポー紫雲膏坐薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)傷口が化膿している人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ニッポー紫雲膏坐薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない冷所に保管してください。
坐剤は体温で溶けるようにできていますので夏季は特に注意し,なるべく冷蔵庫などの冷たい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)坐剤の変形を防ぐため,箱の側面の矢印を上にし,坐剤の先が下になるように入れ,立てて保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(5)本剤の使用により紫雲膏の色が下着につく場合があります。その場合,洗剤で洗ってください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ニッポー紫雲膏坐薬に効果効能が似た薬

ニッポー紫雲膏坐薬が気になる人向けのコラム

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

女性は特に日課にしたい「骨盤底」ケア どこでもできる筋トレ

骨盤底は、骨盤の下にあるハンモック状の筋肉群。膀胱、子宮、直腸などの腹部臓器を支えていて、筋肉にゆるみができると、尿もれ、尿意の切迫感、性器脱など、さまざまな障害が起こります。
筋肉は、肥満や妊娠、さらに加齢によって、ゆるみやすくなり... 続きを読む

トイレはどこ!? 不安が悪循環を招く過敏性腸症候群とは?

ある日突然、外出先で下痢におそわれた。以来、「また、外出先で下痢になるかも」と心配で、電車も各駅停車にしか乗れない。デパートなどでは、トイレの位置をいつも確認していないと不安……。 こんな出来事に身に覚えがあるあなたは、「過敏性腸症候群」... 続きを読む

便秘解消には脳がポイント? 排便のしくみに深くかかわる脳の働き

汚れもの扱いをされがちな便は、もともと口から入ってきたもの。その大半は水分で、固形成分には食べかすや腸内細菌の死骸や脂肪分が含まれています。口から肛門まで、食べたり飲んだりしたものが、体の中を通りぬける道をまとめて「消化管」といいます。便... 続きを読む