赤色ワグラス軟膏の効能・用量・副作用など

赤色ワグラス軟膏の基本情報

赤色ワグラス軟膏

赤色ワグラス軟膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

赤色ワグラス軟膏の特徴

◆赤色ワグラス軟膏は、ひび・あかぎれ・かみそり負けなどの創傷性の皮膚疾患や、血行障害により起こるしもやけ・凍傷など、さらには火傷(やけど)を改善するよう考え出された外用の軟膏剤(塗り薬)です。
◆赤色ワグラス軟膏中のシコンはトウキとともに新しい皮膚の形成を助け、外傷やただれなどの傷口を治すように働きます。

赤色ワグラス軟膏の効能効果

くさ、急性・慢性湿疹、おむつかぶれ、しもやけ、股ずれ、かみそり負け、火傷、凍傷、ひび、あかぎれ、外傷、あせも、ただれ、くつずれ

赤色ワグラス軟膏の用法用量

1日2?3回患部に塗布して下さい。滲出物の多い時はガーゼに厚く塗り局部に貼布して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)外用にのみ使用すること。
(4)目に入らないよう注意すること。
(5)患部を清潔にしてから使用すること。

赤色ワグラス軟膏の成分分量

2250g中
チコニイル 1245.5g (ゴマ油673.3g、ゴマ油・シコン・トウキのゴマ油抽出エキス572.2g)
(添加物)
ミツロウ

赤色ワグラス軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤・ただれ・やけど・外傷のひどい人。
(4)傷口が化膿している人。
(5)患部が広範囲の人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

赤色ワグラス軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
【40℃以上の高温の場所を避けること。晴天の日は自動車内が高温になるので放置しないこと。】
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)有効成分シコンの紫色は染料にも使用される色素です。そのため、衣服やくつ下などに薬剤が付着すると色が落ちにくいので、ご注意下さい。

赤色ワグラス軟膏に効果効能が似た薬

赤色ワグラス軟膏が気になる人向けのコラム

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは?
昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過... 続きを読む

口唇ヘルペス-紫外線の浴びすぎで再発?赤ちゃんや病人との接触に注意

くちびるによく水ぶくれができるという方はいませんか?
それはもしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。こういう人は、海や山へ出かけたりして紫外線にさらされやすい夏は、特に気をつける必要があります。
口唇ヘルペスはくちびるや口の周りに小さ... 続きを読む

Agイオン

あまりなじみのないコトバですが、消臭スプレーや制汗剤で「Ag+」という表記を見たことはあるかも。[Ag]とは[銀]の元素記号です。酸素は[O]、カルシウムは[Ca]と表すのと同様です。
また、[イオン]というのは、ある物質(銀なら銀)が... 続きを読む