JPS漢方顆粒-28号の効能・用量・副作用など

JPS漢方顆粒-28号の基本情報

JPS漢方顆粒-28号

JPS漢方顆粒-28号

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 十味敗毒湯
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 十味敗毒湯   

JPS漢方顆粒-28号の特徴

十味敗毒湯は皮膚に赤みやときに化膿がある方のじんましん、湿疹・皮膚炎などを改善します。かゆみを抑え、膿を排出させる働きがあります。
本剤は漢方処方である十味敗毒湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい顆粒剤としました。

JPS漢方顆粒-28号の効能効果

体力中等度なものの皮膚疾患で、発赤があり、ときに化膿するものの次の諸症:
化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、湿疹・皮膚炎、水虫

JPS漢方顆粒-28号の用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
7才以上15才未満:2/3包:3回
4才以上7才未満:1/2包:3回
2才以上4才未満:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。
(3)食間とは食後2?3時間を指します。

JPS漢方顆粒-28号の成分分量

3包(6g)中
十味敗毒湯乾燥エキス 2.08g (サイコ・オウヒ・キキョウ・センキュウ・ブクリョウ・ボウフウ各2g、ドクカツ・カンゾウ・ケイガイ各1.2g、ショウキョウ0.8g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,ショ糖脂肪酸エステル,乳糖水和物

JPS漢方顆粒-28号の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:
手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.本剤の服用により、まれに症状が進行することもありますので、このような場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS漢方顆粒-28号の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤は吸湿性が高いので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと顆粒が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS漢方顆粒-28号が気になる人向けのコラム

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

妊娠検査薬で初期の妊娠が分かる? 妊娠初期の体調変化や注意点

正確さは9割以上と言われている市販の妊娠検査薬。でも、あまりに妊娠早期だったり、間違った使い方をしたりすると、判定できない場合があります。正確に使うためのコツをお伝えします。 妊娠をはやく知れば、はやく体調管理が 妊娠検査薬は、妊娠した... 続きを読む

生理予定日前でもわかる?0~4週目『妊娠初期・超初期』症状チェック法

多くの人が妊娠に気づくのが、妊娠してから4~8週目の妊娠初期。それより前の0~4週を妊娠“超”初期とよび、その時期に起こる小さな症状で、妊娠の可能性を予測することができるのです。 妊娠“超”初期症状は3~4週に多い 妊娠期間は昔から... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む