小太郎漢方皮膚内服薬の効能・用量・副作用など

小太郎漢方皮膚内服薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 十味敗毒湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 十味敗毒湯   

小太郎漢方皮膚内服薬の特徴

湿疹,ジンマシンなどの皮膚症状で悩んでおられる方が増えています。また,こういった皮膚症状は,紫外線,飲食物,ウイルスなど外部からの刺激による場合もありますが,情緒不安定,ホルモンの不足など,からだの内面のバランスが崩れることも一因といわれています。
小太郎漢方皮膚内服薬は,患部が赤くなったり,分泌物が多くなり化膿したりする皮膚症状に飲んで効く漢方薬です。また,水虫にも効果があります。

小太郎漢方皮膚内服薬の効能効果

化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期,じんましん,急性湿疹,水虫

小太郎漢方皮膚内服薬の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
15歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

小太郎漢方皮膚内服薬の成分分量

9錠中
水製エキス 2g (サイコ・キキョウ・ボウフウ・センキュウ・ブクリョウ・オウヒ各1.25g,ケイガイ・カンゾウ・ドクカツ各0.75g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,トウモロコシデンプン,乳糖,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

小太郎漢方皮膚内服薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことのある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
1ヵ月位(化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期,急性湿疹に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.本剤の服用により,まれに症状が進行することもありますので,このような場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください

小太郎漢方皮膚内服薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)水分が錠剤に付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

小太郎漢方皮膚内服薬が気になる人向けのコラム

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

妊娠検査薬で初期の妊娠が分かる? 妊娠初期の体調変化や注意点

正確さは9割以上と言われている市販の妊娠検査薬。でも、あまりに妊娠早期だったり、間違った使い方をしたりすると、判定できない場合があります。正確に使うためのコツをお伝えします。 妊娠をはやく知れば、はやく体調管理が 妊娠検査薬は、妊娠した... 続きを読む

ジョーバエクササイズで筋肉量アップダイエット

ジョーバエクササイズ
ダイエットに取り組む、という場合に脂肪や炭水化物の摂取を控えて食事制限だけをして痩せようとする人が多いですが、良くありません。

食事制限だけのダイエットは筋肉の量が落ちて体力も落ちやすくなり、結果としてリバウ... 続きを読む

生理予定日前でもわかる?0~4週目『妊娠初期・超初期』症状チェック法

多くの人が妊娠に気づくのが、妊娠してから4~8週目の妊娠初期。それより前の0~4週を妊娠“超”初期とよび、その時期に起こる小さな症状で、妊娠の可能性を予測することができるのです。 妊娠“超”初期症状は3~4週に多い 妊娠期間は昔から... 続きを読む