ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の効能・用量・副作用など

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 小建中湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 小建中湯   

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の特徴

昔に比べて現代は,屋外でのびのびと遊べる環境が少なくなり,体格は立派でも虚弱体質のこどもが多くなってきているようです。
その結果,おなかが弱い,神経質になりがち,疲れやすいなどの症状が現れやすくなります。
ショーケン分包「小児用」はこのようなお子さまに用いられる漢方エキス製剤です。また,お子さまの夜尿症にも用いられます。

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の効能効果

体質虚弱で疲労しやすく,血色がすぐれず,腹痛,動悸,手足のほてり,冷え,頻尿および多尿などのいずれかを伴う次の諸症:小児虚弱体質,小児夜尿症,慢性胃腸炎,夜なき,神経質,疲労倦怠

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
7歳未満4歳以上:1包:3回
4歳未満2歳以上:2/3包:3回
2歳未満:1/2包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の成分分量

3包(6.75g)中
水製エキス 1.25g (ケイヒ・タイソウ各1g,ショウキョウ0.25g,シャクヤク1.5g,カンゾウ0.5g)
コウイ 5g
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,プルラン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)吐き気・嘔吐のある人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(6)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)に効果効能が似た薬

ショーケン分包「小児用」(小建中湯エキス細粒)が気になる人向けのコラム

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む

痩せ体質へと変えられる朝活ダイエット

朝活
午前中は1日のうちでもっとも時間の融通がききやすく、習慣化しやすい時間帯です。また脂肪が燃焼されやすい時間帯でもあります。そのため朝食の時間を早めたり、早朝にストレッチや軽い運動をするといった朝活を行うことで、効率良く脂肪を燃やし... 続きを読む

体質に合ったお茶でダイエット!

お茶
ダイエットに向いているお茶としてあげられるのは、プーアル茶・ゴーヤ茶・ギムネマ茶・明日葉茶・ウコン茶などです。ダイエットに効くといっても、その効果はそれぞれですので自分の体質やダイエットの目的に合わせたお茶をセレクトすることが肝心... 続きを読む

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

大豆ペプチドで痩せ体質を手に入れる

大豆ペプチド
大豆や牛乳に豊富に含まれている「大豆ペプチド」は、体の基礎代謝を促進する効果のある栄養素です。
基礎代謝を挙げることができれば毎日の消費カロリーがアップし、じっとしていても効率的にカロリーを消費できる痩せ体質になること... 続きを読む