清上防風湯の効能・用量・副作用など

清上防風湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清上防風湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 清上防風湯   

清上防風湯の特徴

本剤は、中国明時代の古典「万病回春」に収載されている清上防風湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

清上防風湯の効能効果

にきび

清上防風湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ、紙袋とともに煎じかすを取り去り、食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3?2回に分けて
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。

清上防風湯の成分分量

1包(22.5g)中
ハマボウフウ 2.5g
キキョウ 2.5g
オウゴン 2.5g
センキュウ 2.5g
サンシシ 1.5g
オウレン 1.5g
キジツ 1g
カンゾウ 1g
レンギョウ 2.5g
ビャクシ 2.5g
ケイガイ 1.5g
ハッカ 1g
(添加物)
なし

清上防風湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。:むくみ
(6)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

清上防風湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので、冷暗所又は冷蔵庫等に保管し、服用時に再加熱して服用すること。

清上防風湯が気になる人向けのコラム

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む

皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮... 続きを読む

自彊術ダイエットとは

自彊術
自彊術ダイエットとは、自彊術に基づいたダイエットです。自彊術(じきょうじゅつ)は、治療法が土台になっているといわれています。健身術と言われ、この健身術を創ったのは、中井房五郎という手技療法士です。1916年に発表され、医療制度が... 続きを読む

めかぶを食べてすっきりお通じダイエット!

めかぶ
ダイエットに取り組む際に体内の腸内環境に気を配る人は少ないですが、人がダイエットをする場合には腸内環境をととのえてあげる必要が出てきます。

腸内環境が便秘などで悪い状態になっていると、身体の中の新陳代謝力が落ち、結果として... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む