散痛楽楽丸の効能・用量・副作用など

散痛楽楽丸の基本情報

散痛楽楽丸

散痛楽楽丸

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 疎経活血湯
形状 錠剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 疎経活血湯   

散痛楽楽丸の特徴

散痛楽楽丸は、「万病回春」に収載されている「疎経活血湯」を服み易い丸剤にしたものですが、その原典には、“疏経活血湯は遍身走痛して刺すが如く、左足痛むこと尤も甚だしきを治す。左は血に属す。昼は軽く夜重いもの。”とあります。
散痛楽楽丸は、無理な動作やくしゃみなどで突如襲われる腰痛や筋肉痛によく奏効し、特に神経痛などは、昼間より夜間から朝方にかけて痛みが激しくなるタイプに効きます。
日常生活では身体を冷やさないように気をつけ、本剤を服用する前後には冷たい飲食物の摂取を避け、また、温かいお湯で服用するなどの心がけが、痛みを和らげるのに役立ちます。

散痛楽楽丸の効能効果

体力中等度で、痛みがあり、ときにしびれがあるものの次の諸症:関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛

散痛楽楽丸の用法用量

次の量を1日3回、食前又は食間に服用して下さい。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:1回の服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):10丸:3回
15才未満7才以上:7丸:3回
7才未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

散痛楽楽丸の成分分量

本品30丸中
疎経活血湯エキス 2500mg (トウキ・ジオウ・ソウジュツ・センキュウ・トウニン・ブクリョウ各1000mg、シャクヤク1250mg、ゴシツ・イレイセン・ボウイ・キョウカツ・ボウフウ・リュウタン・チンピ各750mg、ショウキョウ250mg、ビャクシ・カンゾウ各500mg)
(添加物)
安息香酸ナトリウム、アルファー化デンプン、バレイショデンプン、セラック

散痛楽楽丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

散痛楽楽丸の保管上の注意

(1)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかないところに保管して下さい。
(3)他の容器に入れかえないで下さい。
(誤用の原因になったり、品質が変わるため。)
(4)本剤は、時により丸薬と丸薬が付着して塊状となることがありますので、服用の時、ビンを軽く振るか、スプーンなどでほぐしてから用いて下さい。なお、薬効には変わりありませんので、安心して服用して下さい。
(5)ビンの中のつめ物は、輸送中に丸剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いて下さい。
(6)この文書は、本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので、箱に入れて保管して下さい。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

散痛楽楽丸が気になる人向けのコラム

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

朝の目覚めをスッキリさせる活脳体操! 寝たままできる簡単体操

朝の目覚めがスッキリしない、午前中はどうしても頭がぼ~っとしてエンジンがかからない…そんなあなたには、軽く活脳体操を行ってから起きるようにすることをおすすめします。
体操といっても、ハードな運動ではありません。とても簡単な体操で、ふとん... 続きを読む

子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センタ... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む