タケダ漢方便秘薬の効能・用量・副作用など

タケダ漢方便秘薬の基本情報

タケダ漢方便秘薬

タケダ漢方便秘薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大黄甘草湯
形状 錠剤
製造販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大黄甘草湯   

タケダ漢方便秘薬の特徴

●タケダ漢方便秘薬は,生薬の“大黄””を主薬に“甘草””を配合した漢方処方「大黄甘草湯」にもとづく製品で,大腸の運動をととのえ自然に近いお通じを促します。
●おやすみ前におのみになると,翌朝には自然に近いおだやかなお通じが得られます。
●武田薬品が研究開発し,栽培している信州大黄を用いています。
●甘草が信州大黄の作用を助け,おだやかな排便を促します。
●便秘に伴うお腹の張り(腹部膨満)・ふきでものなども緩和します。
●黄かっ色の割線の入った錠剤です。

タケダ漢方便秘薬の効能効果

便秘。便秘に伴う腹部膨満・吹出物(にきび)・腸内異常醗酵・痔・頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・食欲不振(食欲減退)などの症状の緩和

タケダ漢方便秘薬の用法用量

次の量を1日1回,就寝前に水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:軽い便秘(2?3日便通がないとき):頑固な便秘(4日以上便通がないとき)]
15歳以上:1錠?3錠:2錠?4錠
5歳?14歳:半錠?1錠半:1錠?2錠
5歳未満:服用しないこと
錠剤には割線が入っているので,便通の具合をみながら,半錠ないし1錠ずつ増量(前記の最大量まで)または減量すること。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。
(3)次の人は服用量を控えめにすること。
体の衰弱している人,月経時の人
(4)初回は最少量を用いること。
(5)便通の改善がみられたら量を減らし,服用間隔をあけること。

タケダ漢方便秘薬の成分分量

4錠中
大黄甘草湯エキス散(金匱要略,26.7%量) 800mg (ダイオウ1067mg,カンゾウ267mg)
(添加物)
無水ケイ酸,セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム

タケダ漢方便秘薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
下痢
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
5.1ヵ月以上連続して服用する場合は,医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

タケダ漢方便秘薬の保管上の注意

■ビン入り品,分包品について
(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
■ビン入り品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(3)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(4)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(5)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(6)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。
■分包品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,4日以内に服用すること。

タケダ漢方便秘薬が気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

進化する人工臓器技術-世界に誇る日本の人口臓器の現状とは

医学と工学の共同研究分野を「医工学」または「医療工学」といいます。医工学では、人工臓器の研究開発が活発に進められています。もの造りが得意な日本では、古くから全身のありとあらゆる人工臓器が研究開発されてきました。その中心となる日本人工臓器学... 続きを読む

テアニン

テアニンとはお茶に含まれるうまみ成分。お茶の成分では、ダイエット効果や抗酸化作用があるカテキンがよく知られていますが、カテキンはお茶の渋み成分です。
このテアニンはお茶の葉(緑茶、ウーロン茶、紅茶)に含まれる何種類ものアミノ酸の一つです... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む

粉ミルクで腸内環境改善ダイエット!

粉ミルク
赤ちゃんが飲む物である粉ミルクには、大人が飲んでも有効な栄養素がたくさん含まれている事で知られています。

粉ミルクには人間の腸内のビフィズス菌を増やして悪玉菌を抑制する作用があり、腸内環境を正常に近づけてくれる効果を期待... 続きを読む