ウチダの大少陽の効能・用量・副作用など

ウチダの大少陽の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大柴胡湯
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大柴胡湯   

ウチダの大少陽の特徴

ウチダの大少陽は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすい細粒の分包にしたものです。

ウチダの大少陽の効能効果

がっしりとした体格で比較的体力があり,便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎,常習便秘,高血圧に伴う肩こり,頭痛,便秘,肩こり,肥満症

ウチダの大少陽の用法用量

次の1回量を1日3回食前又は食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1包
15歳未満7歳以上:2/3包
7歳未満4歳以上:1/2包
4歳未満2歳以上:1/3包
2歳未満:1/4包
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの大少陽の成分分量

3包(6g)中
大柴胡湯エキス 2.91g (サイコ3g,ハンゲ2g,ショウキョウ・ダイオウ各0.5g,オウゴン・シャクヤク・タイソウ各1.5g,キジツ1g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,その他1成分

ウチダの大少陽の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等が見られ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位(常習便秘,高血圧に伴う便秘に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの大少陽の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること。

ウチダの大少陽が気になる人向けのコラム

海外生活が心身にあたえる影響とは? 意外と多い海外で心の病になる人

駐在員や留学生として、海外に出て行く日本人は年々増えています。 現地での新しい生活を想像しながら、いろんな期待に胸を膨らませて出発することでしょう。海外旅行などの数週間・数ヶ月の滞在であれば、現地の文化に触れて、新しい体験を得てすばらしい思... 続きを読む

女性の体の悩みには東洋医学がいい? 漢方や鍼灸で体質改善

女性の体は、ストレスや加齢、季節の変化などにより、ホルモンバランスが崩れやすく、とてもデリケート。だから冷え症、月経不順、月経痛のほか、自律神経の乱れからくる頭痛や肌あれ、動悸(どうき)、イライラ、不眠など、さまざまな症状に悩まされること... 続きを読む

冷え性に効く! 体を温める食べ物‐不妊症や妊活中の人におすすめな理由

体は毎日の食事から作られます。そのため、食べもので不妊を改善していくことも可能。積極的に摂りたい食材をご紹介します。 陽性の食材を摂り、体を中から温める 栄養素をバランス良く取り、体の調子を整えるのが不妊改善の近道。不妊症で悩む人のほ... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~体と心を診断する「四象体質」

梅雨に入り、じめじめとした天候が続きますが、体調はいかがですか?私は体に老廃物が溜まると、韓医学(韓方)でいう「水毒」に傾きがちな体質らしく、この季節は体がむくみがちになります。天気が悪くなると、頭痛がしたり、肩こりがひどくなることもありま... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む