当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の効能・用量・副作用など

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰芍薬散
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の特徴

本方は、「金匱要略」に収載されている処方で、“婦人の腹中痛は当帰芍薬散之を主る。”、“婦人、妊娠腹中こう痛の者は当帰芍薬散之を主る。”とあって、婦人特有の腹痛や産前産後の薬として、妊婦の方の常備薬と言われるほど広く用いられています。

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の効能効果

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の用法用量

次の量を食前又は食間に温湯又は水で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
大人(15才以上):1包:2.0g:3回
15才未満7才以上:2/3包:1.3g:3回
7才未満4才以上:1/2包:1.0g:3回
4才未満2才以上:1/3包:0.7g:3回
2才未満:1/4包:0.5g以下:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の成分分量

本品3包(6.0g)又は6.0gは
当帰芍薬散エキス(1/2量) 4.0g(乾燥物換算で約2.0gに相当) (トウキ・センキュウ各1.5g、シャクヤク・ブクリョウ・ビャクジュツ・タクシャ各2.0g)
(添加物)
メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、乳糖、トウモロコシデンプン、香料

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)胃腸の弱い人
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

当帰芍薬散料エキス〔細粒〕44が気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その2 旅行計画は慎重に

前回は、妊娠がわかったときに夫に知っておいてもらいたいことを7カ条にまとめて紹介しました。(「二人のための「イクメン」大作戦
1」)。今回は、その中の1~4カ条について、少し詳しく説明します。
そのときにならないと、なかなか実感できない... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 2-盲腸(虫垂炎)の症状と治療法

虫垂炎(ちゅうすいえん)は、文字通り虫垂に炎症が起きる病気です。虫垂は、盲腸(大腸の一部で右下腹部に位置する)から突き出た通常5〜10cmほどの細い突起物です。(「大腸・直腸と排便 - 人体図・図解・体の仕組み」参照)
盲腸と虫垂が接... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む