ウチダの半夏厚朴湯エキス散の効能・用量・副作用など

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 半夏厚朴湯
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 半夏厚朴湯   

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の特徴

ウチダの半夏厚朴湯エキス散は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすく細粒としたものです。

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の効能効果

体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽のど・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:
不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、のどのつかえ感

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の用法用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1g
15歳未満7歳以上:大人の2/3の量
7歳未満4歳以上:大人の1/2の量
4歳未満2歳以上:大人の1/3の量
2歳未満:大人の1/4以下の量
(用法関連注意)
(1)添付のサジ1ぱいが約1gです。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の成分分量

本品1日量(3g)中
半夏厚朴湯エキス 0.98g (ハンゲ3g,ブクリョウ2.5g,コウボク1.5g,ソヨウ1g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(つわりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの半夏厚朴湯エキス散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの半夏厚朴湯エキス散に関連する病気・症状

ウチダの半夏厚朴湯エキス散が気になる人向けのコラム

気分をリフレッシュしながら散歩ダイエット

散歩
日ごろ私たちはなかなか自分の足を使って歩く機会がありません。車や電車、それ以外にもさまざまな交通機関を利用して移動をしています。摂取しているカロリーの割には消費しているカロリーが少なく、その分が体重増加として現れてきます。そうした... 続きを読む

気分が上がる砂糖なしダイエット方法

気分が上がる砂糖なし
気分が上がる砂糖なしダイエットとは、その名の通り砂糖を抜きにするダイエット方法です。と言っても、全ての食事から砂糖抜きにするのは不可能なので、まず普段飲んでいるコーヒーや紅茶等の飲み物に砂糖を入れないようにするとこ... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠5ヵ月・心身ともに安定し、前向きな気分です!

マタニティライフも5ヵ月、待ちに待った安定期に突入しました!
一般的にはつらいつわりも終わり、体調が安定してくる時期。妊娠してから疲れやすく休日は寝倒していた私も、友達に会ったり、ショッピングセンターに行く元気が出てきました! おなか... 続きを読む

新環境で大変なとき、気分を変えてHappyに過ごす方法【カウンセリングルームから】

カウンセラー・伊藤弘野さんが女性のココロとカラダの不安に答える「カウンセリングルームから」。第2回となる今回は、新しい環境でのココロの健康にフォーカス。「5月病かも?」という人でも、見方次第で元気になる方法を教えてもらいました。 慣れない... 続きを読む

否定的になると負のスパイラルにはまる? 失敗から上手く立ち直るには

知人が、目が合ったのに挨拶もなく、横を通り過ぎていきました・・・。こんなとき、今の皆さんならどんな考えが浮かびますか。
『あ、何々さんだ。』と思うだけですか?『忙しそうだな。私に気づかなかったんだ。』と思いますか。『なぜ挨拶をしないのだ... 続きを読む