ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の効能・用量・副作用など

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 半夏厚朴湯
形状 散剤
製造販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 半夏厚朴湯   

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の特徴

「半夏厚朴湯」は,漢方の原典である『金匱要略』に記載されている漢方薬で,気分がふさぎ,のどや食道等に何か詰まったような感じがする,動悸,めまい,はきけがある場合の「不安神経症」,「神経性胃炎」等に用いられています。
『ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒』は,「半夏厚朴湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の効能効果

体力中等度をめやすとして,気分がふさいで,咽喉・食道部に異物感があり,ときに動悸,めまい,嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症,神経性胃炎,つわり,せき,しわがれ声,のどのつかえ感

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の用法用量

次の量を,食前に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包(1.875g):2回
7歳以上15歳未満:2/3包:2回
4歳以上7歳未満:1/2包:2回
2歳以上4歳未満:1/3包:2回
2歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の成分分量

2包(3.75g)中
半夏厚朴湯エキス(1/2量) 1.25g (ハンゲ3g,ブクリョウ2.5g,コウボク1.5g,ソヨウ1g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物,ショ糖脂肪酸エステル

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(つわりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
4.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので,製品により多少顆粒の色調等が異なることがありますが効能・効果にはかわりありません。
5.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒に効果効能が似た薬

ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒が気になる人向けのコラム

気分をリフレッシュしながら散歩ダイエット

散歩
日ごろ私たちはなかなか自分の足を使って歩く機会がありません。車や電車、それ以外にもさまざまな交通機関を利用して移動をしています。摂取しているカロリーの割には消費しているカロリーが少なく、その分が体重増加として現れてきます。そうした... 続きを読む

気分が上がる砂糖なしダイエット方法

気分が上がる砂糖なし
気分が上がる砂糖なしダイエットとは、その名の通り砂糖を抜きにするダイエット方法です。と言っても、全ての食事から砂糖抜きにするのは不可能なので、まず普段飲んでいるコーヒーや紅茶等の飲み物に砂糖を入れないようにするとこ... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠5ヵ月・心身ともに安定し、前向きな気分です!

マタニティライフも5ヵ月、待ちに待った安定期に突入しました!
一般的にはつらいつわりも終わり、体調が安定してくる時期。妊娠してから疲れやすく休日は寝倒していた私も、友達に会ったり、ショッピングセンターに行く元気が出てきました! おなか... 続きを読む

新環境で大変なとき、気分を変えてHappyに過ごす方法【カウンセリングルームから】

カウンセラー・伊藤弘野さんが女性のココロとカラダの不安に答える「カウンセリングルームから」。第2回となる今回は、新しい環境でのココロの健康にフォーカス。「5月病かも?」という人でも、見方次第で元気になる方法を教えてもらいました。 慣れない... 続きを読む

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ば... 続きを読む