白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の効能・用量・副作用など

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 白虎加人参湯
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 白虎加人参湯   

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の特徴

体力的に疲労が加わってきたときの症状で、体液が欠乏して口内乾燥し、口渇がひどく、水を飲みたがり、体に灼熱感があったり、局部的な皮膚の熱感やかゆみなどが現れたりするものに用います。

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の効能効果

体力中等度以上で、熱感と口渇が強いものの次の諸症:のどの渇き、ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:0.7g:3回
2歳未満:1/4包:0.5g以下:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の成分分量

本品3包(6.0g)又は6.0gは
白虎加人参湯エキス 3.8g(乾燥物換算で約1.9gに相当) (チモ2.5g、セッコウ7.5g、カンゾウ1.0g、コウベイ4.0g、ニンジン1.5g)
(添加物)
メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、乳糖、バレイショデンプン、香料

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4)胃腸虚弱で冷え症の人
(5)高齢者
(6)次の症状のある人
むくみ
(7)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

白虎加人参湯エキス〔細粒〕89が気になる人向けのコラム

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-手首と眼の力を抜くゆるゆる体操

ゆるゆると全身をゆるめる「ゆる」体操は、簡単な動作でからだの緊張を取り除き、脳を活性化させる体操法です。
今回は、肩こり、頭痛、疲れ目に有効な体操を紹介します。気軽にできる体操なので、仕事の合間に行って、疲れを蓄積させないようにしまし... 続きを読む

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

睡眠時無呼吸症候群 Part2 診断方法、どんな治療をするの?

SASは放置しておくと、心疾患や脳血管障害を起こしかねない、命に関わる病気です。疑いのある人は、早めに医師の診断を受けましょう。
SASの受診・診断は、次のようにすすみます。 1.問診
2.基本的な検査(自宅検査)
3.確定診断(入院検... 続きを読む