強補中医王散の効能・用量・副作用など

強補中医王散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

強補中医王散の効能効果

感冒、微熱、盗汗

強補中医王散の用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
12歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
7歳以上12歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
4歳以上7歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

強補中医王散の成分分量

4.5g又は3包中
エキス 0.963mL(固形物0.049g) (サイコ0.245g・トウキ0.245g)
エキス 0.797mL(固形物0.049g) (オウギ0.489g・ショウマ0.122g・タイソウ0.245g・チンピ0.489g・トウキ0.734g)
カンゾウ末 0.978g
ショウキョウ末 0.245g
ビャクジュツ末 1.467g
ニンジン末 0.734g
サイコ末 0.978g
(添加物)
なし

強補中医王散の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(感冒に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

強補中医王散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

強補中医王散に効果効能が似た薬

強補中医王散が気になる人向けのコラム

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

疲れ目の原因は使いすぎ?病気のシグナル? 4つの眼精疲労タイプ

本を読んだり、手先の細かい作業をしたり、パソコンのモニターを長時間見たりすると、目が疲れることはありませんか?
「よくあること」と、放っておくと、深刻なトラブルに発展する場合もあります。
長時間目を使ったあとの疲れは、目のまわりの筋... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 2-盲腸(虫垂炎)の症状と治療法

虫垂炎(ちゅうすいえん)は、文字通り虫垂に炎症が起きる病気です。虫垂は、盲腸(大腸の一部で右下腹部に位置する)から突き出た通常5〜10cmほどの細い突起物です。(「大腸・直腸と排便 - 人体図・図解・体の仕組み」参照)
盲腸と虫垂が接... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む

花粉症対策は早めがベスト-花粉が飛んできてから飲むのでは遅い

花粉症の持病がある人には、憂うつな季節が近づいてきました。民間の気象予報会社の予想によると、一部の地域では2月上旬からスギ花粉が徐々に飛び始め、2月中旬になると飛散開始の地域が一気に拡大しそうだとか。
今季を特に憂うつなシーズンにしそ... 続きを読む