麻黄湯の効能・用量・副作用など

麻黄湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 麻黄湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 麻黄湯   

麻黄湯の特徴

本剤は、漢方の古典「傷寒論」に収載されている麻黄湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

麻黄湯の効能効果

風邪のひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合の次の諸症:感冒、鼻かぜ

麻黄湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ、紙袋とともに煎じかすを取り去り、食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3回?2回に分けて
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。

麻黄湯の成分分量

1包(15.5g)中
マオウ 5g
キョウニン 5g
ケイヒ 4g
カンゾウ 1.5g
(添加物)
なし

麻黄湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる。)
1.次の人は服用しないでください
(1)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
2.短期間の服用にとどめ、連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人:むくみ排尿困難
(8)次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心、食欲不振、胃部不快感
その他:発汗過多、全身脱力感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
(2)5?6回服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

麻黄湯の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管すること。
(2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので、冷暗所又は冷蔵庫等に保管し、服用時に再加熱して服用すること。

麻黄湯が気になる人向けのコラム

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

風邪?発熱?速攻で体調を回復させる方法4選!

ツボ押しで体調回復!


風邪をひく原因は、寒さと乾燥でウイルスが活発に活動する環境となって、体の疲れや冷えで体調を崩しウイルスに対する免疫力が低下するためです。まずは、体を温めて体の抵抗力を高めましょう。風邪を引いたときには、首周... 続きを読む

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む

痩せやすい身体を作る黒ニンニクダイエット

黒ニンニク
ただ体重を落とすよりもどうせなら健康的に痩せたいと思う方は多いでしょう。その場合は、食事を減らすよりも代謝を高める食品を積極的に摂ることが効果的です。黒ニンニクダイエットは、まさに身体を燃焼させてくれる黒ニンニクを食事に取り... 続きを読む