麻子仁丸料「タキザワ」の効能・用量・副作用など

麻子仁丸料「タキザワ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 麻子仁丸
形状 その他
製造販売会社 タキザワ漢方廠
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 麻子仁丸   

麻子仁丸料「タキザワ」の効能効果

体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの次の諸症:便秘、便秘に伴う頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・ふきでもの(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満・腸内異常醗酵・痔などの症状の緩和

麻子仁丸料「タキザワ」の用法用量

1日2回朝夕の空腹時に,本品1包(1回分)を和紙袋入りのまま,水約300mLを加えて半量ぐらいまで煎じつめ,和紙袋とともに煎じかすを除き,次の量を服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):全量
15歳未満7歳以上:大人の2/3
7歳未満4歳以上:大人の1/2
4歳未満2歳以上:大人の1/3
2歳未満:大人の1/4
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

麻子仁丸料「タキザワ」の成分分量

2包(17g)中
マシニン 5g
シャクヤク 2g
キジツ 2g
コウボク 2g
キョウニン 2g
ダイオウ 4g
(添加物)

麻子仁丸料「タキザワ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

麻子仁丸料「タキザワ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)

麻子仁丸料「タキザワ」が気になる人向けのコラム

便やおならが臭い人は腸内フローラが原因? 腸美人になる食事法

腸内細菌が良好であることが健康には不可欠。 肥満や糖尿病、がんなどになりやすい体質にも腸内細菌が関連しています。便やおならが臭い人は腸内が腐敗している証拠かも。 ヒトの腸内には1000種類以上、100兆個以上の腸内細菌が 私たちの腸... 続きを読む

便秘解消には脳がポイント? 排便のしくみに深くかかわる脳の働き

汚れもの扱いをされがちな便は、もともと口から入ってきたもの。その大半は水分で、固形成分には食べかすや腸内細菌の死骸や脂肪分が含まれています。口から肛門まで、食べたり飲んだりしたものが、体の中を通りぬける道をまとめて「消化管」といいます。便... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

便秘は大腸がんのリスクにならないって本当? 大腸と便秘の仕組み

「大腸」というと、大腸と呼ぶ一つの腸管を想像する人がいるかもしれませんが、実は、摂取した食物の流れる順にいうと盲腸、結腸、直腸という一連の消化管の総称です。このうち結腸はまた、おなかの右下部に位置する盲腸から上に伸びていく部分を上行結腸(... 続きを読む

お腹と腰を暖めると便秘が治る? 看護師さんも実践する温罨法とは

入院患者の便秘の緩和に、「温罨法(おんあんぽう)」という方法が看護の現場で効果を上げています。蒸しタオルで腰やおなかを温めるだけ、という簡単な方法ですから、家庭や職場でも使えそうです。
病院では、手術後の患者さんや介護の必要な人など、... 続きを読む