JPS漢方顆粒-52号の効能・用量・副作用など

JPS漢方顆粒-52号の基本情報

JPS漢方顆粒-52号

JPS漢方顆粒-52号

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 六君子湯
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 六君子湯   

JPS漢方顆粒-52号の特徴

六君子湯は比較的体力がなく、貧血性で手足が冷たく、胃腸が弱い方の胃炎、消化不良、食欲不振、はきけなどを改善します。胃腸を温めて、余分な水分を取り除き、胃腸機能をたかめる働きがあります。
本剤は漢方処方である六君子湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい顆粒剤としました。

JPS漢方顆粒-52号の効能効果

体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:
胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

JPS漢方顆粒-52号の用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
7才以上15才未満:2/3包:3回
4才以上7才未満:1/2包:3回
2才以上4才未満:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。
(3)食間とは食後2?3時間を指します。

JPS漢方顆粒-52号の成分分量

3包(6g)中
六君子湯エキス(4/5量) 3.6g (ニンジン・ソウジュツ・ブクリョウ・ハンゲ各3.2g、チンピ・タイソウ各1.6g、カンゾウ0.8g、ショウキョウ0.4g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,ショ糖脂肪酸エステル,乳糖水和物

JPS漢方顆粒-52号の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS漢方顆粒-52号の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤は吸湿しやすいので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと顆粒が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS漢方顆粒-52号が気になる人向けのコラム

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

胃がんのリスク5倍! ピロリ菌ってなに? 予防のためにできること

今年の9月初め、厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40~69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感... 続きを読む

胃の痛みや不快感は機能性ディスペプシアかも? どんな症状?

胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常が見つからない――こんなときは、「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。かつては「慢性胃炎」や「神経性胃炎」、... 続きを読む