ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の効能・用量・副作用など

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 竜胆瀉肝湯
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 竜胆瀉肝湯   

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の特徴

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすい細粒の分包にしたものです。

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の効能効果

比較的体力があり,下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛,残尿感,尿の濁り,こしけ
注)「こしけ」とは子宮からの分泌物を指します.

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の用法用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1包
15歳未満7歳以上:2/3包
7歳未満4歳以上:1/2包
4歳未満2歳以上:1/3包
2歳未満:1/4包
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の成分分量

1日量〔3包(1包2.5g)〕中
竜胆瀉肝湯エキス 3.12g (トウキ・ジオウ・モクツウ各2.5g,オウゴン・タクシャ・シャゼンシ各1.5g,リュウタン・サンシシ・カンゾウ各0.75g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等が見られ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること。

ウチダの竜胆瀉肝湯エキス散(分包)が気になる人向けのコラム

健康的なおしっこは何色? 尿の色や量をチェックして健康管理

毎日何回もトイレへ行って排泄するおしっこ。それが血液からつくられるものだということはご存じでしょうか。それなのにどうして赤い色をしていないのか、その疑問について説明していきましょう。
全身を巡る血液の役割は、体に必要な酸素や栄養素を細... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。
子宮筋腫は、女性ホルモ... 続きを読む

音の癒し効果でリラックス-5つの効果別おすすめクラシック

最近、医療の分野で注目されているのが、ミュージックセラピー(音楽療法)。これは、さまざまな音楽を聴いてリラックス効果を得たり、集中力をアップするというもので、アメリカでは音楽を使った心理カウンセラーやミュージックセラピスト(音楽療法士)と... 続きを読む

過多月経の新しい治療法-子宮摘出をしない『MEA』とは

過多月経とは、月経の出血量が異常に多く、貧血を起こしたり、外出や仕事など生活に支障をきたす状態をいいます。実際には、患者さんが「月経量が多い」と訴え、そのために「全身がだるい」「動悸や息切れがする」などの自覚症状があり、検査で貧血と血色素... 続きを読む

流産を何度も繰り返すのは不育症かも-不育症は治る?治療法は

妊娠はしても、流産や死産をくり返して、赤ちゃんの誕生に恵まれない状態を不育症といいます。流産は珍しいことではなく、1回の妊娠につき、妊娠した人全体の約15%は流産を経験しているといわれています。流産率は女性の加齢とともに高まり、35歳で約... 続きを読む