竜胆瀉肝湯の効能・用量・副作用など

竜胆瀉肝湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 竜胆瀉肝湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 竜胆瀉肝湯   

竜胆瀉肝湯の特徴

本剤は,中国元時代の古典「薜氏医案十六種」に収載されている竜胆瀉肝湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

竜胆瀉肝湯の効能効果

比較的体力があり,下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛,残尿感,尿の濁り,こしけ

竜胆瀉肝湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ,紙袋とともに煎じかすを取り去り,食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3?2回に分けて
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

竜胆瀉肝湯の成分分量

1包(28.5g)中
トウキ 5g
ジオウ 5g
モクツウ 5g
オウゴン 3g
タクシャ 3g
シャゼンシ 3g
リュウタン 1.5g
サンシシ 1.5g
カンゾウ 1.5g
(添加物)
なし

竜胆瀉肝湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。:むくみ
(7)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

竜胆瀉肝湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用すること。

竜胆瀉肝湯が気になる人向けのコラム

健康的なおしっこは何色? 尿の色や量をチェックして健康管理

毎日何回もトイレへ行って排泄するおしっこ。それが血液からつくられるものだということはご存じでしょうか。それなのにどうして赤い色をしていないのか、その疑問について説明していきましょう。
全身を巡る血液の役割は、体に必要な酸素や栄養素を細... 続きを読む

音の癒し効果でリラックス-5つの効果別おすすめクラシック

最近、医療の分野で注目されているのが、ミュージックセラピー(音楽療法)。これは、さまざまな音楽を聴いてリラックス効果を得たり、集中力をアップするというもので、アメリカでは音楽を使った心理カウンセラーやミュージックセラピスト(音楽療法士)と... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む