苓姜朮甘湯「タキザワ」の効能・用量・副作用など

苓姜朮甘湯「タキザワ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 苓姜朮甘湯
形状 その他
製造販売会社 タキザワ漢方廠
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 苓姜朮甘湯   

苓姜朮甘湯「タキザワ」の効能効果

体力中等度以下で、腰から下肢に冷えと痛みがあって、尿量が多いものの次の諸症:腰痛、腰の冷え、夜尿症、神経痛

苓姜朮甘湯「タキザワ」の用法用量

1日2回朝夕の空腹時に,本品1包(1回分)を和紙袋入りのまま,水約300mLを加えて半量ぐらいまで煎じつめ,和紙袋とともに煎じかすを除き,次の量を服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):全量
15歳未満7歳以上:大人の2/3
7歳未満4歳以上:大人の1/2
4歳未満2歳以上:大人の1/3
2歳未満:大人の1/4以下
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

苓姜朮甘湯「タキザワ」の成分分量

2包(14g)中
ブクリョウ 6g
ショウキョウ 3g
ソウジュツ 3g
カンゾウ 2g
(添加物)

苓姜朮甘湯「タキザワ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

苓姜朮甘湯「タキザワ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)

苓姜朮甘湯「タキザワ」が気になる人向けのコラム

くびれを実現する腰回しダイエット

腰回し
腰を回すだけで、ウエスト痩せを実現しダイエットを成功させるのが腰回しダイエットです。
この方法はSHINOさんという方が、長い時間をかけ編み出した、くびれを実現できるダイエットです。
腰回しダイエットは、ゆっくりと腰を回すだ... 続きを読む

骨盤枕を腰に当てて寝ているだけでダイエット

骨盤枕
寝ているだけで、どんどん体重が減っていく、驚異のダイエットが骨盤枕ダイエットです。
やり方もとっても簡単、骨盤枕を腰に当てて、寝ているだけでいいんです。普段寝っ転がってテレビを見ている時間に、このダイエットをするだけでいいので... 続きを読む

腰回りを引き締めるオチョダイエット

オチョ
オチョダイエットは、簡単な腰回りの運動をするだけで痩せられるダイエット法です。
オチョとは、スペイン語で「8」のこと、オチョダイエットとは腰を8の字を描くように動かす運動なんです。
オチョダイエットの提唱者は、俳優でありなが... 続きを読む

器具も何もいらない腰ひねりダイエット

腰ひねり
腰ひねりダイエットは必要な器具などはなにもない、体一つで行うことのできるダイエット方法です。
女性の場合、特に気になるウエスト周りのお肉を、効果的に落とすことが出来るので、お腹周りの脂肪が気になる人におすすめです。
さらに... 続きを読む

腰が痛い人必見、椎間板ヘルニアの治療法まとめ

椎間板ヘルニアとはどんな病気

椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア、herniated disc)は、ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態である
椎間板ヘルニアとは - goo Wikipedia ... 続きを読む