ノイ・ホスロールの効能・用量・副作用など

ノイ・ホスロールの基本情報

ノイ・ホスロール

ノイ・ホスロール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 苓桂甘棗湯
形状 散剤
製造販売会社 救心製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ノイ・ホスロールの特徴

複雑な現代社会の中では,心身共にストレスを受ける機会が多く,神経がたかぶってイライラしたり,動悸を感じたりすることが少なくありません。ストレスがたまってくると,このような症状ばかりでなく,自律神経の働きやホルモンのバランスが乱れ,精神的にも肉体的にもさまざまな支障をきたすようになります。
また,試験や会議の前に,あるいは人前で話をするときなどに,不安で落ち着かなかったり,心配でドキドキすることもよくあることです。
〈ノイ・ホスロール〉は,ブクリョウ(茯苓),ケイヒ(桂皮),タイソウ(大棗),カンゾウ(甘草)の4種の生薬からつくられた製剤で,このようなストレスなどによって神経がたかぶりやすい方の精神不安や動悸などにすぐれた効きめをあらわします。
〈ノイ・ホスロール〉は,植物生薬の抽出エキスを成分とした服用しやすい顆粒剤で,分包剤ですので携帯にも便利です。

ノイ・ホスロールの効能効果

体力中等度以下で,のぼせや動悸があり神経がたかぶるものの次の諸症:動悸,精神不安

ノイ・ホスロールの用法用量

食前または食間に水またはお湯で服用すること
[年齢:1回量:服用回数]
大人(15才以上):1包:1日3回
7?14才:2/3包:1日3回
4?6才:1/2包:1日3回
2?3才:1/3包:1日3回
2才未満:1/4包:1日3回
食間とは…食後2?3時間を指します。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させること

ノイ・ホスロールの成分分量

3包(6g)中
生薬抽出乾燥エキス 2100mg (ブクリョウ6g,ケイヒ・タイソウ各4g,カンゾウ2g)
(添加物)
乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒドロキシプロピルスターチ

ノイ・ホスロールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる〕
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ノイ・ホスロールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと

ノイ・ホスロールが気になる人向けのコラム

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

20代でも発症!若年化が進む白内障

白内障の症状と治療
水晶体はカメラに例えると、レンズの役割をしています。白内障は、水晶体が白濁し目にさまざまな異変が現れる病気です。


水晶体に白濁が生じると、かすんだり、二重三重に見えたり、まぶしくなります。もっと白濁が強くな... 続きを読む