ウチダの苓桂朮甘湯の効能・用量・副作用など

ウチダの苓桂朮甘湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 苓桂朮甘湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 苓桂朮甘湯   

ウチダの苓桂朮甘湯の特徴

ウチダの苓桂朮甘湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異なにおいがあります。

ウチダの苓桂朮甘湯の効能効果

立ちくらみやめまい,動悸,頭痛,耳鳴り,のぼせなどがあり,尿利減少,足冷え,胃部の水分停滞感などを伴うもの

ウチダの苓桂朮甘湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水400mL(約2合2勺)を加えあまり強くない火にかけ200mL(約1合1勺)に煮つめ袋をとり出し2?3回に分けて食前1時間又は食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの苓桂朮甘湯の成分分量

1袋中
ブクリョウ 6g
ケイヒ 4g
ソウジュツ 3g
カンゾウ 2g
(添加物)
無し

ウチダの苓桂朮甘湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの苓桂朮甘湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの苓桂朮甘湯に効果効能が似た薬

ウチダの苓桂朮甘湯が気になる人向けのコラム

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

水分は1日にどれくらい摂るの? 間違った水分補給は体調不良に

たくさん汗をかいたあとに水を飲むと、生き返ったような気がしませんか?
人は水がないと3日と生きていられない、と言われるくらい大切な水。最近は、ダイエットやデトックスなどを目的に「とにかく水をたくさん飲むのがよい」という話をよく耳にしますが... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む

足がつるのは恐ろしい病気の前兆かも!?

足がつる原因は大きく3つ
夜中寝ているときに突然、足がつる主な原因は3つ、「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。
筋肉の疲労からくることが多く、運動をして普段使わない筋肉に過度な負荷がかかり、筋肉がこわばってしまいます。
... 続きを読む