ウチダの桂枝芍薬知母湯の効能・用量・副作用など

ウチダの桂枝芍薬知母湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの桂枝芍薬知母湯の特徴

ウチダの桂枝芍薬知母湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎剤で,特異なにおいがあります。

ウチダの桂枝芍薬知母湯の効能効果

諸肢関節疼痛し,やせて脚部腫脹し,だるく,あるいは関節だけがはれてこぶのようになり,めまい,悪心のあるもの:慢性関節炎,関節リウマチ
*「腫脹(しゅちょう)」とは,はれを指します.

ウチダの桂枝芍薬知母湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの桂枝芍薬知母湯の成分分量

1袋中
ケイヒ 3g
チモ 3g
ハマボウフウ 3g
ショウキョウ 1g
シャクヤク 3g
マオウ 3g
ソウジュツ 4g
カンゾウ 1.5g
加工ブシ末 0.3g
(添加物)
無し

ウチダの桂枝芍薬知母湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(5)胃腸虚弱の人。
(6)発汗傾向の著しい人。
(7)高齢者。
(8)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(9)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(10)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,食欲不振,胃部不快感
その他:どうき,のぼせ,ほてり,しびれ感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談すること

ウチダの桂枝芍薬知母湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの桂枝芍薬知母湯に効果効能が似た薬

ウチダの桂枝芍薬知母湯が気になる人向けのコラム

ビヨンセも認めた!スイカジュースで脚のむくみが解消される?

日本でも大ブームを起こしたココナッツウォーター。アメリカで“ネクストココナッツウオーター”として、今注目されているのが、スイカジュースです。 あのビヨンセがスイカジュースの会社に出資 もともと夏になると、LAでもよく飲まれているスイカジ... 続きを読む

もっと脚に自信を持ちたい! 足裏の3点を意識すれば美脚に

足の親指の付け根の下の母趾球、小指の付け根の下の小趾球、カカトの3点を意識して歩くことが美脚への近道 足裏には身体のバランスを整えるセンサーがある o脚やx脚、脚が太いなど、脚に自信がない人は、脚より「足」に問題があるのかもしれない... 続きを読む

寝起きの30秒が決め手!美脚エクササイズで夕方まで脚がむくまない?

太い脚は老廃物でガチガチ。やわらか脚を目指せば細く 「私も以前、下半身太りに悩んでいたことがありました」と言うベリーダンサーの内藤未映さん。そのほっそりした脚線美からは想像がつきませんが……。 「高校を卒業して運動から遠ざかっていた頃... 続きを読む

力がなくても大丈夫-自宅でできる脚のツボとマッサージ方法

パートナーにやってあげて喜ばれる脚のマッサージ2回目の今回は、脚の側面のマッサージです。横向きに寝て上側の脚を曲げてもらうと、脚の側面内側も無理なくマッサージすることができます。パートナーがテレビを見ながら横向きに寝転んでいるときなどにや... 続きを読む

赤ちゃんが罹る「川崎病」ってどんな病気? 主な6つの症状

「川崎病」という病気を知っていますか?
正式名称は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、1967年に川崎富作博士が世界で初めて報告したことから、博士の名をとって病名がつけられました。
この病気は全身の血管に炎症を起こし、... 続きを読む