ウチダの洗肝明目湯の効能・用量・副作用など

ウチダの洗肝明目湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの洗肝明目湯の特徴

ウチダの洗肝明目湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの洗肝明目湯の効能効果

体力中等度のものの次の諸症:
目の充血、目の痛み、目の乾燥

ウチダの洗肝明目湯の用法用量

大人(15歳以上)は1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満7歳以上 1回 大人の2/3の量
7歳未満4歳以上 1回 大人の1/2の量
4歳未満2歳以上 1回 大人の1/3の量
2歳未満 1回 大人の1/4以下の量
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの洗肝明目湯の成分分量

1袋中
トウキ 1.5g
センキュウ 1.5g
シャクヤク 1.5g
ジオウ 1.5g
オウゴン 1.5g
サンシシ 1.5g
ハマボウフウ 1.5g
レンギョウ 1.5g
ケツメイシ 1.5g
オウレン 1g
ケイガイ 1g
ハッカ 1g
キョウカツ 1g
マンケイシ 1g
キクカ 1g
キキョウ 1g
シツリシ 1g
カンゾウ 1g
セッコウ 3g
(添加物)
無し

ウチダの洗肝明目湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)胃腸虚弱で冷え症の人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人
むくみ
(8)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの洗肝明目湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの洗肝明目湯が気になる人向けのコラム

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

現代人は眼が疲れてる-眼筋の疲れをほぐす6ステップストレッチ

10月10日は「目の愛護デー」です。パソコンと携帯電話のない生活はもう考えられないという人は多いと思いますが、これらの普及に伴い、目の疲れを訴える人が急増しています。仕事で長時間パソコンを使い、通勤途中にケイタイでメールを打ち、自宅ではテ... 続きを読む

蒸しタオルでできる、疲れ目やドライアイ予防-簡単ケアで大きな効果

パソコン作業(VDT作業)などを長時間続けたとき、だんだん目がしょぼしょぼして焦点が合わなくなり、かすんで見えにくくなることがあります。ドライアイや白内障の眼科専門医である後藤英樹先生は、このような目を使いすぎたときに起こる症状について「... 続きを読む