ウチダの竹葉石膏湯の効能・用量・副作用など

ウチダの竹葉石膏湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの竹葉石膏湯の特徴

ウチダの竹葉石膏湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの竹葉石膏湯の効能効果

体力虚弱で、かぜが治りきらず、たんが切れにくく、ときに熱感、強いせきこみ、口が渇くものの次の諸症:
からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、口渇、軽い熱中症

ウチダの竹葉石膏湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの竹葉石膏湯の成分分量

1袋中
チクヨウ 2g
カンゾウ 2g
セッコウ 10g
コウベイ 6g
バクモンドウ 6g
ハンゲ 4g
ニンジン 3g
(添加物)
無し

ウチダの竹葉石膏湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸虚弱で冷え症の人。
(5)高齢者。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(からぜきに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの竹葉石膏湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの竹葉石膏湯に効果効能が似た薬

ウチダの竹葉石膏湯が気になる人向けのコラム

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む

夏が終わっても熱中症対策は続けたほうがいい理由とは?

熱中症は、高い気温と湿度によって引き起こされ、頭痛や吐き気、めまい等、ひどくなると意識障害になり死に至る場合もあります。
気温が高くなると、体内の熱を放出するのが困難になります。さらに湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、脳にある体... 続きを読む

季節の変わり目は熱中症に要注意! 危険な症状と予防法

また強い日差しが照りつける夏がやってきます。「真夏日」、「熱帯夜」とともに「熱中症」という言葉がニュースに頻出する季節です。この熱中症は、高温、高湿度の環境下で起こる、夏の代表的疾患のひとつです。
東京消防庁の調べによれば、熱中症... 続きを読む

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む