サンワロンMの効能・用量・副作用など

サンワロンMの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 三和生薬
販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

サンワロンMの特徴

サンワロンMは,漢方処方「麻黄附子細辛湯」の水製エキスを服用しやすい錠剤にしたものです。

サンワロンMの効能効果

体力虚弱で、手足に冷えがあり、ときに悪寒があるものの次の諸症:感冒、アレルギー性鼻炎、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛

サンワロンMの用法用量

次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。
[年令:1回量]
大人(15才以上):5錠
7才?14才:3錠
5才?6才:2錠
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

サンワロンMの成分分量

本品1日量 15錠(1錠0.3g)中
サンワロンM水製エキス 1.5g (マオウ6.0g,サイシン4.5g)
加工ブシ末 1.5g
(添加物)
乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸カルシウム

サンワロンMの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(6)発汗傾向の著しい人。
(7)高齢者。
(8)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(9)次の症状のある人。
排尿困難
(10)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感
その他:発汗過多、全身倦怠感、発熱、動悸、のぼせ、ほてり、口唇・舌のしびれ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(感冒に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

サンワロンMの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)乾燥剤は捨てないこと。また,誤って飲み込まないようにすること。

サンワロンMが気になる人向けのコラム

頭痛に悩む方必見!神経痛と名の付く頭痛って

治らない頭痛、それは後頭神経痛かも
後頭部や耳の後ろに髪の毛が引っ張られるような突発的な痛みがある、ケロッと治ってしまうこともあれば、激しい痛みが断続的に続いて治らないこともあるという症状に苦しんでいませんか。いつ襲ってくるかわからない... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

夜のスマホは自律神経を乱して冷えの原因に!? 疲れ目の解消法

夜のスマホは自律神経を乱し冷えの原因に。ベッドにスマホは持ちこまず、ぐっすり眠って冷えを撃退 目と冷えには深い関係がある 新しい人間関係が増え、ついついSNSに夢中になりがちなこの季節。寝る寸前までベッドでスマホをチェックしていませ... 続きを読む

足元の冷房冷えを一発解消 夏の「ムートンブーツ」が超オススメ

外は暑いのに、オフィスなどの室内は冷房のせいで寒い…。特に下半身の冷えは、体調不良を招きます。そこで活躍するのが、ムートンブーツ。ムートンブーツが活躍するのは冬だけにあらず!
しまい込んであるムートンブーツを早速出してきましょう! 冷... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む