冠心調血飲エキス顆粒の効能・用量・副作用など

冠心調血飲エキス顆粒の基本情報

冠心調血飲エキス顆粒

冠心調血飲エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 散剤
製造販売会社 原沢製薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

冠心調血飲エキス顆粒の特徴

冠心調血飲エキス顆粒は,生薬「丹参(タンジン)」を主成分として他の生薬を配合した医薬品です。
中年以降または高血圧傾向の方が悩まされる頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸の改善を目的としています。

冠心調血飲エキス顆粒の効能効果

中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸

冠心調血飲エキス顆粒の用法用量

次の量を食間又は空腹時に,水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を守って下さい。

冠心調血飲エキス顆粒の成分分量

3包(9g)中
冠心調血飲エキス 4.5g (センキュウ・シャクヤク・コウカ各2.25g,モッコウ・コウブシ各1.125g,タンジン4.5g)
(添加物)
トウモロコシデンプン

冠心調血飲エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)15歳未満の小児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ等)を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,嘔吐,食欲不振,胃痛,腹部膨満感
その他:異常出血,動悸,のぼせ,ほてり,ふらつきなど
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

冠心調血飲エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

冠心調血飲エキス顆粒に効果効能が似た薬

冠心調血飲エキス顆粒が気になる人向けのコラム

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

うつ病かも? うつを見分ける7つのポイント|回復への近道は?


うつ状態は、誰でもが陥りやすい状態です。一昔前までは、中年以降のものとされていましたが、最近では、低年齢化の傾向がみられ、大学生はもちろんのこと、不登校中の中学生や高校生にもみられるようになりました。専門家の話では、小学生にまで降りてき... 続きを読む