ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の効能・用量・副作用など

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の特徴

ジメイ丸は、中国名では「耳鳴丸」と表記され、その名の示すとおり、特に貧血性の耳鳴りに対する優れた効き目をはじめとし、腰痛、手足のだるさなどの症状を改善します。
○1日2回の服用で、お昼のための携帯が不要です。忙しい方にも適しています。
○生薬の粉末を生かしたお薬です。
○お薬の味が広がらない飲みやすい大きさの丸剤です。
○本剤は補腎薬ですので、薄く食塩を入れたお湯で服用されることにより、塩分とともに成分が腎臓に運ばれ、一層効果が強められます。

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の効能効果

貧血性の耳鳴、腰痛、四肢及び腰の脱力感

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の用法用量

次の量を白湯又は食塩を入れた温湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):9丸:朝・夕2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)服用の前後30分は、お茶・コーヒー等を飲まないでください。

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の成分分量

本品18丸は
ジオウ 1,118.88mg
サンシュユ 555.66mg
サンヤク 555.66mg
タクシャ 415.80mg
ボタンピ 415.80mg
ブクリョウ 415.80mg
サイコ 151.20mg
ジセキ 10.00mg
(添加物)
ハチミツ

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振、胃部不快感、吐き気・嘔吐、腹痛
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘、下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は、時により丸剤と丸剤が付着して塊状となることがありますので、ご使用の時、ビンを軽く振るか、スプーンなどでほぐしてから用いてください。なお、薬効には変わりありませんので、安心して服用してください。
(5)ビンの中のつめ物は、輸送中に丸剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)に効果効能が似た薬

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)が気になる人向けのコラム

“脱力”の心地よさ 「禅的体操」で体をほぐそう! イラストで解説

私たちの体は、日頃気づかないうちにストレスや疲労を溜めこんでカチカチに硬くなっています。その体をゆるめ、自律神経の疲れをとろうというのが、樺島勝徳禅師 が提唱する「禅的体操」です。
キーワードは“脱力”。臨済宗の源となった臨済義玄のこ... 続きを読む

こわばった体をほぐす3つのストレッチ-力を抜いてストレス解消

新しい1年が始まったばかりですが、早くもストレスフルな日々を感じている方はいませんか?
ストレスの原因はいろいろあります。心理的な悩み、対人関係のもつれ、過重な仕事などなど。寒さが厳しいこの時期には寒さもストレスに。
そんなもろもろの... 続きを読む

驚いたときに腰が抜けるのはなぜ? 力が入らなくなるメカニズム

「驚いて腰を抜かす」とよく言いますね。ひどく驚いた様子のたとえとして用いられる表現ですが、本当に“腰が抜けた”状態になることもあるのです。この場合の抜けるとは、腰の骨が脱臼(だっきゅう)することではなく、腰や脚(下半身)に力が入らなくなっ... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

生活習慣を改善して仮面高血圧などの高リスクを改善しよう

医師が治療の際に参考にするものに「治療ガイドライン」があります。高血圧に関して最新の治療ガイドラインは、日本高血圧学会が作成した『高血圧治療ガイドライン2009』です。その特徴は、国内での大規模な臨床試験の結果を参考とし、日本人の高血圧治... 続きを読む