アーススミラブ粒剤の効能・用量・副作用など

アーススミラブ粒剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 その他
製造販売会社 アース・バイオケミカル
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アーススミラブ粒剤の効能効果

蚊幼虫(ボウフラ),ハエ幼虫(ウジ)の防除

アーススミラブ粒剤の用法用量

主として蚊とハエの発生場所に対して使用する。
蚊幼虫(ボウフラ):水量1m3につき10g(有効成分0.05ppm)を発生場所にそのまま均一に散布する。
ハエ幼虫(ウジ):1m2につき20gを発生場所にそのまま均一に散布する。
(用法関連注意)

アーススミラブ粒剤の成分分量

100g中
ピリプロキシフェン 0.5g
(添加物)
他4成分

アーススミラブ粒剤の使用上の注意と副作用

注意-人体に使用しないこと
使用前に本記載内容をよく読み,十分理解した上で使用すること。
■してはいけないこと
(1)薬剤を口や目に入れないこと。
(2)薬剤が人体に直接触れる恐れのある場所には散布しないこと。
(3)小分けするときは,食品用の容器等,誤用の恐れのあるものを利用しないこと。
■相談すること
(1)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことのある人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(2)万一,身体に異常をきたした場合や誤って薬剤を飲み込んだ場合は,直ちに薬剤がジフェニルエーテル系の殺虫剤であることを医師に告げて診療を受けること。
その他の注意
■その他の注意
(1)定められた用法及び用量を厳守すること。
(2)環境を汚染しないよう乱用を避けること。特に水域に使用する場合は,魚や水棲生物に対するできるだけの配慮をして使用すること。また,養殖池,井戸,地下水などを汚染する恐れのある場所や蜜蜂,蚕(桑)などに被害を及ぼす恐れのある場所では使用しないこと。
(3)食品,食器,おもちゃ,愛玩動物,飼料などはあらかじめ他へ移すかあるいは格納し,薬剤がかからないようにすること。
(4)使用に際しては,必要量だけを分取し,その都度使い切ること。
(5)薬剤の散布にあたっては,手袋,マスクなどを着け,薬剤を浴びないようにするとともに,できるだけ吸い込まないように注意すること。
(6)使用した後,あるいは薬剤が皮膚に付いたときは,石けん水でよく洗い,口に入ったときには水でうがいをすること。また,目に入った場合は,直ちに水でよく洗い流すこと。
(7)散布に用いた器材は,石けん水で洗い,よく手入れをしておくこと。
(8)こぼした薬剤が,井戸等の飲料用水源に流入した場合には,直ちに警察又は保健所に届け出ること。
(9)薬剤は燃焼しないが,火災の際有害なガスが発生する恐れがあるので,人を避難させるなど配慮すること。
(10)使用済みの空容器は,適切に処分すること。

アーススミラブ粒剤の保管上の注意

(1)使用後残った薬剤は,元の袋に戻し密閉した後,他のものと区別して保管すること。
(2)食品,食器,飼料などと区別し,小児の手の届かない乾燥した冷暗所に保管すること。

アーススミラブ粒剤が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む