ムヒの虫よけムシペールαの効能・用量・副作用など

ムヒの虫よけムシペールαの基本情報

ムヒの虫よけムシペールα

ムヒの虫よけムシペールα

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 噴霧剤
製造販売会社 池田模範堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ムヒの虫よけムシペールαの特徴

ムヒの虫よけムシペールαは虫よけ成分ディートが12%配合されていますので,虫よけ効果の持続時間が長く,蚊,アブ,ブユ(ブヨ)などの他,マダニ,ツツガムシに対しても効果があります。ムヒの虫よけムシペールαは「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」「つつが虫病」の予防に役立つ,「医薬品」の忌避剤です。
特長
●ムヒの虫よけムシペールαは医薬品の虫よけ剤です。
●蚊,アブ,ブユ(ブヨ)などの他,マダニ,ツツガムシに対しても虫よけ効果があります。
●虫よけ成分が12%配合されていますので,虫よけ効果が長く続きます。
●吸い込みにくいノンガススプレータイプです。
●外出や旅行,アウトドアなど,携帯に便利な容器です。
■〈こんな時にお使いください〉
■キャンプやハイキングに
■海外旅行に
■屋外での作業に

ムヒの虫よけムシペールαの効能効果

蚊,ブユ(ブヨ),サシバエ,アブ,ナンキンムシ,ノミ,イエダニ,マダニ,ツツガムシの忌避

ムヒの虫よけムシペールαの用法用量

1.蚊,ブユ(ブヨ),サシバエ,アブ,ナンキンムシ,ノミ,イエダニ,マダニを忌避させる目的で使用する場合
本剤の適量を用時,首筋,腕,足など皮ふの露出部分に噴霧してください。
顔面などの場合には適量を一度手のひらに噴霧してから塗布してください。
2.ツツガムシを忌避させる目的で使用する場合
本剤の適量を4?6時間毎に,皮ふの露出部分及びはきものやズボンのすそなどにむらなく噴霧してください。顔面などの場合には適量を一度手のひらに噴霧してから塗布してください。
(用法関連注意)
(1)本剤は吸血害虫に対する忌避剤であって,疾病の治療薬ではありません。
(2)漫然とした使用をさけ,蚊,ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等,必要な場合にのみ使用してください。
(3)小児(12才未満)に使用する場合には,保護者等の指導監督のもとで,以下の回数を目安に使用してください。なお,顔には使用しないでください。
・6カ月未満の乳児には使用しないでください。
・6カ月以上2才未満は,1日1回。
・2才以上12才未満は,1日1?3回。
(4)目に入ったり,飲んだり,なめたり,吸い込んだりすることがないようにし,塗布した手で目をこすらないでください。万一目に入った場合には,すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流してください。また,具合が悪くなる等の症状が現れた場合には,直ちに,本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けてください。
(5)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(6)次の物には付着させないでください。(変質する場合があります。)
食物,食器,玩具,床や家具などの塗装面,メガネ,時計,アクセサリー類,プラスチック類,化繊製品,皮革製品,マニキュア等。
(7)ストッキングなどの上に直接噴霧しないでください。(生地が傷む場合があります。)
(8)特にツツガムシの忌避を目的とした場合には,さらに次のことに注意してください。
1)ツツガムシは見えにくいので,生息していそうな場所に立ち入る前に塗布してください。
また,濡れたり,汗をかいたりした場合は早めに塗り直しをしてください。
2)シャツ,ズボン,ストッキングなどの衣類に噴霧する時
・繊維の種類によっては本剤により変質する場合があります。ウール(毛),コットン(綿),ナイロンは変質しませんが,ポリエステル系やポリウレタン系の合成繊維は変質しやすいので注意してください。
・ストッキングにはポリウレタン系が多いので噴霧しないでください。
3)外出するときは,薬剤だけに頼らずにシャツやズボン,長靴などを使用し,肌を露出しないようにしてください。
4)帰宅後は,着用した衣類や靴は石鹸水あるいは熱湯につけ,本人はお風呂に入るようにしてください。

ムヒの虫よけムシペールαの成分分量

100mL中
ディート 12g
(添加物)
エタノール,香料

ムヒの虫よけムシペールαの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
創傷面,目の周囲,粘膜等。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(3)湿疹やただれのある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ等

ムヒの虫よけムシペールαの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限(ケース底面及び容器底面に西暦年と月を記載)をすぎた製品は使用しないでください。
使用期限内であっても,品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。

ムヒの虫よけムシペールαが気になる人向けのコラム

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

梅雨から夏のじめじめをアロマで快適に-鼻づまり解消や虫除けにも

今年は梅雨入りが少し遅れている様子です。この時期は気圧のせいもあり、体がだるかったり、気分も今一つのりません。そんなときこそ、ひと工夫で毎日の生活が変わります。私たちの周りにあるものを使って、ちょっとしたケアを始めましょう。
塩は、人... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む