強力グリーンキラー乳剤の効能・用量・副作用など

強力グリーンキラー乳剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 液剤
製造販売会社 タカビシ化学
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

強力グリーンキラー乳剤の特徴

●特殊香料とクロロフィルの配合によって,優れた芳香を有するグリーンの乳剤で,またジクロルボス,オルトジクロロベンゼン配合により殺虫力が優れ,芳香・殺うじをかねた商品です。
●第四類・第二石油類・危険等級III・火気厳禁

強力グリーンキラー乳剤の効能効果

ウジ(ハエの幼虫),ボウフラ(蚊の幼虫)の駆除

強力グリーンキラー乳剤の用法用量

●殺うじ(ハエの幼虫)の場合は30?50倍にうすめた液を1m2当り3L,ボウフラ(蚊の幼虫)の場合は100倍にうすめた液を,汚水量の1/200をジョロか噴霧器で散布する。
●1目盛は約35mLです。
(用法関連注意)

強力グリーンキラー乳剤の成分分量

100g中
オルトジクロロベンゼン 50g
ジクロルボス 1g
(添加物)
なし

強力グリーンキラー乳剤の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと副作用・事故が起こりやすくなります)
1.内容物(殺虫剤)を飲まないでください。
2.希釈の際は,直接手でかき混ぜないでください。
3.プラスチック製便槽には使用しないでください。
■相談すること
1.万一誤って飲んだ場合や身体に異常を感じたときは,直ちに製剤の商品名,成分名を医師に告げて診療を受けてください。
その他の注意
■その他の注意
1.定められた用法・用量を守ってください。
2.皮膚についたときは石けん水でよく洗い,目に入ったときは直ちに流水で洗い流してください。
3.環境を汚染しないために乱用はさけてください。また井戸,地下水等の水質を汚染するおそれのある場所,魚や水棲動物等に被害を及ぼすおそれのある場所では使用しないでください。
4.噴霧器具等で噴霧するときは,メガネ,マスク,手袋等で身体の露出部を少なくして,できるだけ吸い込まないようにするとともに,病人,特異体質の人,妊婦,乳幼児,愛玩動物等に薬剤が触れないよう注意してください。なお,必要に応じて使用後は換気をしてください。
5.食品,食器,飼料,おもちゃ,寝具,衣類,貴重品,植物その他,プラスチック,金属,電気製品等はあらかじめ他へ移すなどして,薬剤がかからないよう注意してください。
6.小分けしたり水で希釈するときは,石けん液などの混入を防ぎ,そのつど必要量を調製し,食品用の容器等,誤用のおそれのあるものを利用しないでください。また,直射日光のしたに放置しないでください。

強力グリーンキラー乳剤の保管上の注意

1.使用後,栓は確実にしめ,食品,食器,飼料等と区別し小児の手の届かない冷暗所に保管してください。
2.噴霧器具,使用済み容器等は石けん水でよく洗い,他に転用せず適切に処分してください。
3.引火性なので火気に近づけないでください。
4.本品はガラス瓶なので,強い衝撃が加わると割れる危険があります。

強力グリーンキラー乳剤が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

クリーニング戻りの服が“石油クサい”!? その服をそのまま着るとキケン!

衣替え等で衣類をクリーニングに出すことの多いこの季節。クリーニングから戻った衣類のニオイが、気になったことはありませんか。もし、石油臭かったら、単なるニオイの問題とあなどってはいけません。身体に関わるトラブルを引き起こす危険性があるので... 続きを読む

デトックス作用を活かしたユーグレナダイエット

ユーグレナ
ユーグレナダイエットはミドリムシのパワーを利用したダイエット方法です。
ユーグレナ(ミドリムシ)にはクロロフィルという葉緑素がたっぷり含まれています。
ミドリムシが光合成を行うときに必要なのですが、このクロロフィルは優れ... 続きを読む