救心カプセルの効能・用量・副作用など

救心カプセルの基本情報

救心カプセル

救心カプセル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 救心製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

救心カプセルの特徴

ストレスや不安感,更年期などが原因で自律神経が乱れると息切れやどうきが起こりやすくなります。また,加齢や過労などにより身体の諸機能が低下してくるとこのような症状がいっそう起こりやすくなります。
救心カプセルは8種類の生薬の働きで,軽い運動でハアハアと息が切れて息苦しくなったとき,心臓のドキドキを強く感じたときや脈が速くなったときなどにすぐれた効きめをあらわします。
さらに,身体がだるくて気力が出ないようなときや,暑さなどで頭がボーッとして意識が低下したり,立ちくらみやめまいがしたときの気つけにも効果を発揮します。

救心カプセルの効能効果

息切れ,動悸,気付け

救心カプセルの用法用量

朝夕および就寝前に水またはお湯で服用すること
[年齢:1回量:服用回数]
大人(15才以上):1カプセル:1日3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)カプセルをかんだり,中身を取り出したりせずに,そのまま服用すること
(2)カプセルの取り出し方:カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用すること(PTPシートを誤ってそのままのみ込んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

救心カプセルの成分分量

3カプセル中
センソ 5mg
ゴオウ 5mg
ジャコウ 1mg
ニンジン 25mg
レイヨウカク末 6mg
真珠 7.5mg
リュウノウ 2.7mg
動物胆 8mg
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,パラベン,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム

救心カプセルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる〕
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

救心カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと

救心カプセルに効果効能が似た薬

救心カプセルが気になる人向けのコラム

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

女性の更年期は体の転換期-食事・運動・リフレッシュが重要

3月1日から8日は「女性の健康週間」です。そこで、女性にとって体の「転換期」とも言える更年期の健康について考えてみましょう。更年期の健康と言っても、当然それ以前の健康状態や生活習慣などが大きく影響しますから、更年期について知っておくことは... 続きを読む

老化物質が体に溜まると老ける-大豆サポニンBが老化物質を除去?

ある程度年齢を重ねた女性なら、老化を防ぎ若返りを促すアンチエイジングに関心を持っていることでしょう。
老化とは、年齢とともに体に備わったさまざまな機能が低下することといえます。この機能低下の原因の一つと考えられているのが、体内にたまっ... 続きを読む