大宝心ゴールドの効能・用量・副作用など

大宝心ゴールドの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 大峰堂薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

大宝心ゴールドの特徴

大宝心ゴールドは,ジャコウ・ゴオウ・センソといった動物生薬とニンジン・サフランといった植物生薬を配合した和漢薬製剤です。
私達が,生命を維持し,健康な生活を営むには何よりも心臓の機能が正常でなければなりません。
本剤の服用により,生命の根源である心臓の機能を高め,どうき,息ぎれ,気付けといった症状の改善が得られます。

大宝心ゴールドの効能効果

動悸,息切れ,気付け

大宝心ゴールドの用法用量

次の量を1日2回食前又は食間に,水又は白湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)かまずに服用してください。

大宝心ゴールドの成分分量

2錠中
ジャコウ 1mg
ゴオウ 2mg
センソ 3mg
ユウタン 1mg
サフラン 5mg
ニンジン 13mg
レイヨウカク 3mg
シンジュ 3mg
ジンコウ 5mg
d-ボルネオール 1.5mg
(添加物)
デヒドロ酢酸ナトリウム,黄色4号(タートラジン),ステアリン酸マグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,水酸化アルミナマグネシウム,セルロース,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,マクロゴール,タルク,酸化チタン,炭酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,アラビアゴム,ゼラチン,白糖,カルナウバロウ

大宝心ゴールドの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

大宝心ゴールドの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

大宝心ゴールドに効果効能が似た薬

大宝心ゴールドが気になる人向けのコラム

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む