本方虔修六神丸の効能・用量・副作用など

本方虔修六神丸の基本情報

本方虔修六神丸

本方虔修六神丸

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 第一薬品工業
販売会社 内外薬品
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

本方虔修六神丸の特徴

本方虔修六神丸は,中国に昔から伝わる「六神丸」をもとにして作られており,動物性生薬である麝香(ジャコウ),牛黄(ゴオウ),蟾酥(センソ),熊胆(ユウタン)に人参(ニンジン),沈香(ジンコウ)を加え,これらの協力作用により,心臓に活力を与え,どうき,息切れ,気つけに効果をあらわします。〔第一薬品工業(株)販売より〕
本方虔修六神丸は動植物性和漢生薬配合の強心薬で,配合されている生薬の複合的薬効は,一般的によく知られています。ところで,循環器系の機能が低下している時は軽い運動でもどうき,息切れ等の症状があらわれることがあります。本方虔修六神丸は,麝香(ジャコウ),牛黄(ゴオウ),蟾酥(センソ)等を配合した強心薬で,どうき,息切れ等の症状に効果があります。〔内外薬品(株)販売より〕

本方虔修六神丸の効能効果

どうき,息切れ,気つけ

本方虔修六神丸の用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):2粒:2回
15才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)かまずに服用してください。

本方虔修六神丸の成分分量

4粒(1日量)中
ジャコウ 1.0mg
ゴオウ 2.0mg
センソ 3.0mg
ニンジン末 2.1mg
ユウタン 2.5mg
ジンコウ末 1.1mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,炭酸カルシウム,マクロゴール,デヒドロ酢酸ナトリウム,d-ボルネオール,ナタネ油,セラック

本方虔修六神丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

本方虔修六神丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)表示の期限を過ぎたものは服用しないでください。

本方虔修六神丸に効果効能が似た薬

本方虔修六神丸が気になる人向けのコラム

疲れやストレスにはグレープフルーツのアロマオイルがおすすめ

ストレスや疲れがたまったときは、理由もなく無気力になったり、集中力が低下したり、精神的にも不安定になりがちです。
フルーツでおなじみのグレープフルーツの学名はCitrus paradisiといい、「パラダイスのシトロン(ミカン)」という... 続きを読む

妊娠初期の飛行機は大丈夫? 乗る際に気をつける10のこと

妊娠中の飛行機での移動は母体に負担がかかります。でも、どうしても移動しなければならないときは、事前準備をしっかりして、負担を軽減するように心がけましょう。 事前準備で母体への負担を軽減 移動は、妊娠中の体に負担になります。中でも、飛行機... 続きを読む

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む

男性の抜け毛を予防する4つのセルフケア-本当に効く育毛剤は?

「髪が薄くなってきた……」と悩んでいる人がまず考えるのは、育毛でしょうか?
でもその前に、「髪に悪いこと」をしていないか生活習慣をチェックしてみてください。髪の健康には、生活習慣の影響がとても大きいのです。睡眠不足、栄養バランスの偏り、ス... 続きを読む

うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。... 続きを読む