降圧丸の効能・用量・副作用など

降圧丸の基本情報

降圧丸

降圧丸

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 八ッ目製薬
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

降圧丸の特徴

本剤は、動物性生薬の羚羊角(サイガカモシカの角)のほか、有効成分として10種類の生薬を配合し、高血圧に伴う頭痛・どうき・手足のしびれ・肩のこり・のぼせ・めまい・いらいらに効果があります。

降圧丸の効能効果

高血圧に伴う頭痛・どうき・手足のしびれ・肩のこり・のぼせ・めまい・いらいら

降圧丸の用法用量

次の量を1日2回朝と晩に水又は白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):10丸:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

降圧丸の成分分量

20丸中
レイヨウカク 0.03g
トウキ 0.3g
オウレン 0.4g
テンマ 0.2g
ジオウ 0.15g
ダイオウ 0.15g
コハク 0.15g
ジンコウ 0.4g
センキュウ 0.2g
アキョウ 0.33g
カンゾウエキス 0.33g
(添加物)
ハチミツ、白糖、カッセキ、黄色4号(タートラジン)、赤色2号

降圧丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳をさけて下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)体が冷える傾向の人
(6)高齢者
(7)本人又は家族がアレルギー体質の人
(8)薬によりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
(9)次の症状のある人 むくみ、下痢、高熱
(10)次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病
(11)次の医薬品を服用している人 瀉下薬(下剤)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し,この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
その他:ぜんそく
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
軟便、下痢
4. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
5. 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

降圧丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本剤は湿気などの影響により薬が変質することがあるので、次のことに注意して下さい。
1)服用のつどフタをよく締めること。
2)直接手に薬剤をとらないこと。(キャップなどにとり分ける。)
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

降圧丸に効果効能が似た薬

降圧丸が気になる人向けのコラム

突然、耳が聞こえにくくなった! 突発性難聴発症後の対策とは

突発性難聴とは

突然耳の聞こえが悪くなる病気で、片方の耳だけに発症することが多い。難聴の程度は軽いものから重いものまでさまざまで、耳鳴りやめまい、吐き気、嘔吐(おうと)を伴う場合もある。原因は不明とされるが、内耳の血流障害やウイルス... 続きを読む

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

肩や背中のこわばりを解消するツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

一歩ずつ春に近づいているとはいえ、まだまだ寒さはこたえます。前回は寒い季節に起こりがちな足の冷えからくる腰痛対策を紹介しました。今回は、寒さや手の冷えからくる肩と背中のこりによく効くツボマッサージを紹介します。
寒いとどうしてもうつむ... 続きを読む