エフストリンの効能・用量・副作用など

エフストリンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

エフストリンの特徴

せきは、のどや気管支の病気に伴って起こる症状で、せきが長く続くと、のどを痛めたり、声がかすれるだけでなく肺に必要以上の刺激を与え、血圧を高くし、又心臓に負担を与えるなど体力が著しく消耗し、病気に対する抵抗力も弱ってきます。
エフストリンに配合されているバクモンドウは古くから、炎症性のせきをしずめる効果の高い生薬として漢方薬で使用されています。
エフストリンはせきをしずめ、たんの切れをよくするお薬です。

エフストリンの効能効果

せき、たん

エフストリンの用法用量

次の1回量を1日3回なるべく空腹時をさけ、4時間以上あけて服用してください。
[年齢:1回量]
15才以上:3錠
11?15才未満:2錠
8?11才未満:1.5錠
5?8才未満:1錠
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)錠剤の取り出し方(PTPの場合)
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してから服用して下さい。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると、食道粘膜に突きささる等思わぬ事故につながります。)

エフストリンの成分分量

1日量(9錠中)
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
ノスカピン 45mg
グアイフェネシン 300mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 12mg
無水カフェイン 150mg
バクモンドウ乾燥エキス 300mg (原生薬換算量1.5g)
(添加物)
乳糖、トウモロコシデンプン、カルメロースカルシウム(CMC-Ca)、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

エフストリンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことのある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
5.過量服用・長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱、排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
●再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
●無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘、口のかわき、眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

エフストリンの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
瓶包装の場合は、密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

エフストリンが気になる人向けのコラム

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

精力剤を飲む前に試したい、精力増強に効果がある9つの食材と栄養素

赤ちゃんを授かるために、パートナーと子作りしたいけど、昨今の男性は仕事のストレスで精力が減退気味。そこで、日頃の疲れを撃退させながら、精力サポートする食べものをご紹介します。 ストレスは男性の精力を減退させる 男性の性欲のピークは25歳... 続きを読む

大人もかかるマイコプラズマ肺炎の怖さ

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体によって引き起こされます。感染経路はマイコプラズマの感染者からの飛沫感染や濃厚接触による接触感染の2種類があります。


流行性で、若年者に多い。
マイコプラ... 続きを読む

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む