カンポアズマの効能・用量・副作用など

カンポアズマの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 散剤
製造販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

カンポアズマの特徴

『カンポアズマ』は,漢方処方である「神秘湯」と「半夏厚朴湯」の配合生薬を合わせたものから抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。
<こんな症状に効果があります>
・のどに違和感があり,いらいらしてせき込む。
・たんはあまりでないが,せきが多くでる。

カンポアズマの効能効果

咽喉炎,気管支炎,気管支喘息

カンポアズマの用法用量

次の量を,食前に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包(2.5g):2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

カンポアズマの成分分量

2包(5g)中
混合生薬乾燥エキス 1.5g (ハンゲ6g,ブクリョウ5g,マオウ4g,コウボク・チンピ各3g,カンゾウ・キョウニン・サイコ・ショウキョウ・ソヨウ各2g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

カンポアズマの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

カンポアズマの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので,製品により多少顆粒の色調等が異なることがありますが効能・効果にはかわりありません。
4.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

カンポアズマが気になる人向けのコラム

生理周期の短い、こない、長い。生理周期からわかる体調不良。

毎月の生理、正しい周期や期間できていますか?
30代半ばから40代前半は生理不順になりやすい時期。自分の生理周期から体調の変化を読み解く方法をご紹介します。 カラダの変化がいち早く出る生理は
生活習慣の総合成績表 「生活習慣やストレ... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

季節の変わり目の体調不良は自律神経が原因? 注意したい休憩サイン

雨が振り続く梅雨時は、何となく気分が滅入りますね。急に冷え込んだかと思うと、翌日は真夏のような蒸し暑さになるなど、気温差が激しい季節のせいか、体調を崩す人が多くなります。急激な気温の変化で、自律神経のバランスが悪くなり、体調を維持するリズム... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む