トニン咳どめ液Dの効能・用量・副作用など

トニン咳どめ液Dの基本情報

トニン咳どめ液D

トニン咳どめ液D

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

トニン咳どめ液Dの特徴

●4種類の鎮咳・去たん生薬を配合しています。
●のどにやさしいユーカリ・ミント味ののみやすいシロップです。

トニン咳どめ液Dの効能効果

せき,たん

トニン咳どめ液Dの用法用量

下記の1回服用量を食後及び就寝前に服用します。また,場合により,1日6回まで服用できますが,1日5?6回服用する場合は原則として,約4時間の間隔をおいて服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):10mL:4回
11?14才:6.6mL:4回
8?10才:5mL:4回
5?7才:3.3mL:4回
3?4才:2.5mL:4回
1?2才:2mL:4回
3?11ヵ月:1mL:4回
3ヵ月未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。(添付の計量コップをご使用ください)
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)2才未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

トニン咳どめ液Dの成分分量

60mL中
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
ジフェニルピラリン塩酸塩 6mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 270mg
キキョウエキス 250mg
オウヒエキス 40mg
セネガエキス 100mg
ソヨウ流エキス 500mg
無水カフェイン 64mg
(添加物)
塩化Ca,安息香酸Na,パラベン,アルコール,カラメル,白糖,サッカリンNa,クエン酸,pH調整剤,香料(l-メントールを含む)

トニン咳どめ液Dの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
4.過量服用・長期連用しないでください
(倦怠感や虚脱感等があらわれるおそれがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
便秘,口のかわき,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

トニン咳どめ液Dの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。
(5)キャップをしめる際に,ビンの口についた液を清潔なガーゼ等でよく拭いてからしめてください。液が付いたままキャップをしめると,開けにくくなることがあります。
(6)甘味成分のためキャップが開けにくくなることがありますが,このようなときは,一度キャップ部を温湯に浸してから開けてください。

トニン咳どめ液Dが気になる人向けのコラム

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

デング熱、蚊アレルギー…かゆいだけではない「虫刺され」にご用心!

昨年流行したデング熱の報道を目にして、「蚊に刺されただけで!?」と驚いた人も多かったはず。今年は昨年のようなデング熱の流行は見られませんでしたが、蚊に刺されたことを要因とする「蚊アレルギー」が、今注目されています。 蚊に刺されは唾液腺... 続きを読む