ノスポール鎮咳顆粒の効能・用量・副作用など

ノスポール鎮咳顆粒の基本情報

ノスポール鎮咳顆粒

ノスポール鎮咳顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 散剤
製造販売会社 廣昌堂
販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ノスポール鎮咳顆粒の特徴

発作的におこる激しいせきや、のどにからまるたんは、とても苦しくつらいもの。周囲の人に不快感を与える結果にもなります。ノスポール鎮咳顆粒は、せきをしずめる成分、たんをとり去る成分を効果的に配合した服用しやすい顆粒剤です。

ノスポール鎮咳顆粒の効能効果

せき、たん

ノスポール鎮咳顆粒の用法用量

年令区分 :1回量
15才以上:1包
11?14才:2/3包
8?10才:1/2包
5?7才:1/3包
3?4才:1/4包
上記1回量を、1日3回食後に服用して下さい。
服用間隔は、4時間以上おいて下さい。
(用法関連注意)
●お子さまに服用させる場合には保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
●用法・用量をお守り下さい。
●3才未満のお子さまには服用させないで下さい。

ノスポール鎮咳顆粒の成分分量

3包(3g)中
リゾチーム塩酸塩 60mg(力価)
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg
(添加物)
乳糖水和物、D -マンニトール、バレイショデンプン、サッカリンナトリウム水和物、香料

ノスポール鎮咳顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)本剤又は本剤の成分、鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないで下さい。
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。
(眠気等があらわれることがある)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。
5.過量服用・長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。高熱、排尿困難
(6)次の診断を受けた人。心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):
服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):
高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する
中毒性表皮壊死融解症:
高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する
再生不良性貧血:
青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白く見える、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる
無顆粒球症:
突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
便秘、口のかわき、眠気
4.5?6 回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ノスポール鎮咳顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)お子さまの手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。
(5)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用して下さい。

ノスポール鎮咳顆粒が気になる人向けのコラム

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

多発性硬化症(MS:Multiple
Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。
20歳から40歳ごろの若い世代... 続きを読む

リスクだらけの腸内洗浄は自分でやっちゃダメ!怖い後遺症

腸の病気の治療や出産などで医学的に便の排出を促す必要がある場合に、「腸洗浄(浣腸や高圧浣腸ともいいます)」を行うことがあります。
その方法は、レバー付の管を肛門に入れ、温めた滅菌蒸留水またはコーヒーを主成分とする溶液を断続的に注入し排便... 続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか?
インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、... 続きを読む