ベリコデ咳シロップの効能・用量・副作用など

ベリコデ咳シロップの基本情報

ベリコデ咳シロップ

ベリコデ咳シロップ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ベリコデ咳シロップの特徴

せきは,もともと喉や気管などの分泌物や侵入してきた異物を除去するための防衛機構です。しかしあまり過度になると,体力を消耗し,病気の回復が遅れ,さらに余病を併発する場合もあります。
ベリコデ咳シロップは,鎮咳作用でせきの頻度を減らし,同時に去痰作用でたんの排泄を助けることにより,せき,たんに効果的に作用します。この液剤はコーヒー味のかっ色の甘くて飲みやすいシロップ剤です。

ベリコデ咳シロップの効能効果

せき,たん

ベリコデ咳シロップの用法用量

1日4回,食後及び就寝前に次の量を服用してください。場合により1日6回まで服用できますが,この場合,約4時間の間隔をおいて服用してください。
[年齢:1回量]
15才以上:10mL
11才?15才未満:6.5mL
8才?11才未満:5mL
(用法関連注意)
(1)用法・用量を必ず守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)薬液の分取には,添付の計量カップをご使用ください。
(4)使用後の計量カップは水等で洗浄し清潔に保管してください。
(5)本剤は,生薬エキスを配合していますので,わずかに混濁を生じることがありますが,薬効には影響ありません。

ベリコデ咳シロップの成分分量

60mL中
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg
グアイフェネシン 300mg
シャゼンソウエキス 216mg (車前草1447mg)
キキョウ流エキス 0.5mL (桔梗500mg)
ソウハクヒ流エキス 0.6mL (桑白皮600mg)
オウゴン流エキス 0.7mL (黄岑700mg)
(添加物)
安息香酸,クエン酸,D-ソルビトール,カラメル,アルコール,香料,白糖

ベリコデ咳シロップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬),鎮静薬
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
4.過量服用・長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(7)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
その他:排尿困難
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
便秘,口のかわき

ベリコデ咳シロップの保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない,涼しい所に密栓して保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ベリコデ咳シロップが気になる人向けのコラム

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケースも実際は高血圧と呼ぶべきなのに、医療機関での測定ではまるで正常血圧という“仮面”をかぶっているようにみえることから、... 続きを読む

甲状腺がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」の下に、蝶が羽を広げたような形で気管を取り囲むように位置する10~20gほどの小さな臓器です。甲状腺の働きは、主に食べ物から取り込んだ「ヨード(ヨウ素)」を材料に甲状腺ホルモンを合成し、血液中に分泌すること... 続きを読む

髪の毛をキレイに保つ秘訣とは? 食事管理とストレス対策が肝心

「ブラッシングやシャンプーのたびに髪がごそっと抜ける」「鏡に向かうと、なんとなく頭皮がすけて見える」―そんなことがありませんか?
実は、最近こういう悩みをもつ女性が増えているんです。しかも、30歳代なのに…。
人間の毛髪は全部で約10... 続きを読む

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症
急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。


急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータようけつ... 続きを読む

コーヒーのすごい効能‐肝機能を高め、肥満を予防してくれる

お茶の時間に何気なく口にしている一杯のコーヒー。それが、さまざまな生活習慣病の予防に効果があるという研究成果が発表されています。
生活習慣病というのは、食生活、運動、嗜好など、生活習慣が発症や進行に大きくかかわっている病気。がんや糖尿... 続きを読む