小児用ヒューゲン(分包)の効能・用量・副作用など

小児用ヒューゲン(分包)の基本情報

小児用ヒューゲン(分包)

小児用ヒューゲン(分包)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

小児用ヒューゲン(分包)の特徴

◆小児用ヒューゲン(分包)は、せき・たんの症状を改善するために考えられた小児用の生薬配合の鎮咳去痰薬です。
◆小児用ヒューゲン(分包)のカロニン・キョウニン・ゴミシ・サイシン・シャゼンシ・ノスカピンなどは“せき”を止めるように働き、カンゾウ・シャゼンシとともに“たん”を除きます。ショウキョウ・ハンゲはゴミシなどの鎮咳効果を助けます。さらにソヨウ・チンピ・カンゾウ・クロルフェニラミンマレイン酸塩は“せき・たん”の原因となるアレルギー症状に対応し、呼吸器疾患における“せき・たん”の病状回復を早めるように作用します。

小児用ヒューゲン(分包)の効能効果

せき、たん

小児用ヒューゲン(分包)の用法用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
8歳以上11歳未満:1包:3回
5歳以上8歳未満:2/3包:3回
3歳以上5歳未満:1/2包:3回
2歳以上3歳未満:1/3包:3回
2歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)本剤は小児用であるため、保護者の指導監督のもとに服用させること。

小児用ヒューゲン(分包)の成分分量

3包(3.0g)中
カロニンエキス 12.5mg
キョウニンエキス 20mg
ゴミシエキス 25mg
サイシンエキス 22.5mg
シャゼンシエキス 12.5mg
ソヨウエキス 50mg
チンピエキス 225mg
ハンゲエキス 25mg
カンゾウ末 450mg
ショウキョウ末 50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 4.5mg
ノスカピン 22.5mg
(添加物)
精製白糖、バレイショデンプン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

小児用ヒューゲン(分包)の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが、鎮咳去痰薬としての一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないこと
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱、排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき、眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

小児用ヒューゲン(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

小児用ヒューゲン(分包)に効果効能が似た薬

小児用ヒューゲン(分包)が気になる人向けのコラム

クラミジア感染症は放置すると不妊の原因にもなる? 性感染症の予防法

性器クラミジア感染症(以下、クラミジア感染症)は、クラミジア・トラコマチスという病原体が原因でおこる性感染症(主に性的接触によって感染する病気)の一つです。世界中で蔓延しているといわれ、日本では最も患者数の多い性感染症です。10代後半から... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

女性ホルモンを増やす5つの習慣と健康レシピ

ヘルシーな食生活を実践しよう!
女性ホルモンに良い成分やサプリなどはよく目にしますが、それ以前に日々の食生活を正さなくては良い効果を実感することは難しいでしょう。野菜中心の健康的な食事を実践しながらサプリに依存せずに食材からも女性ホルモ... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む