浅田飴の効能・用量・副作用など

浅田飴の基本情報

浅田飴

浅田飴

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 その他
製造販売会社 浅田飴
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

浅田飴の特徴

浅田飴は漢方薬に汎用される生薬(薬用植物)を主成分とし,水飴にて製剤化した服用しやすい鎮咳去痰薬です。

浅田飴の効能効果

せき,たん,のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

浅田飴の用法用量

次の量を,1日3回,口中に含み,ゆっくり溶かして服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):12g(添付のさじで平らに2杯)
11才以上15才未満:8g(添付のさじで4の指示線までを2杯)
7才以上11才未満:6g(添付のさじで平らに1杯)
3才以上7才未満:4g(添付のさじで4の指示線まで)
1才以上3才未満:3g(添付のさじで3の指示線まで)
1才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
●定められた用法,用量を厳守してください。
●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
●2才未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。
●さじは洗ってからお使いください。

浅田飴の成分分量

36g中
キキョウ根エキス 216mg
トコンエキス 36mg
マオウエキス 108mg
ニンジンエキス 108mg
カッコンエキス 108mg
(添加物)
ケイヒ油,水アメ

浅田飴の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。]
本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)高熱,激しいせきのある人
(6)心臓病,高血圧,糖尿病,甲状腺機能障害の診断を受けた人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

浅田飴の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にフタをしっかりしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変化します)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

浅田飴が気になる人向けのコラム

水飴でダイエット!甘いものが欲しい時に

水飴
ダイエット中に甘いものが欲しくなったら、水あめ使用です!甘いものを全部禁止と言わず、食べてしまいます。白砂糖に比べて、水あめは多糖類で、ゆっくり体内に吸収されます。そのためダイエットには向いているのです。そのまま食べてもいいですし... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

おたね人参

「オタネニンジン」、「御種人参」とも表記しますが、一般的には「朝鮮人参」または「高麗人参」といわれているものです。中国の山間部や朝鮮半島に自生するウコギ科の植物で、日本には朝鮮経由で渡来したので、朝鮮人参という通称が定着しました。
江戸時... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む